日本経済、原材料高に急速な円安も痛撃する苦悩 このまま円安が続けば食品業界は再度値上げ必至

印刷
A
A

新型コロナウイルス禍からの経済回復やロシアのウクライナ侵攻などを背景にした原材料やエネルギーの価格上昇に続き、3月以降の急激な円高も消費者に身近な商品の価格に影響を及ぼし始めている。

ドイツ産ビールの輸入販売を手がける「KOBATSU(コバツ)トレーディング」の小林努(51)代表は、これまで輸入コスト増加を価格に反映させずに耐えていたが、ここ1カ月間の円安で限界に達し値上げを決断した。

コロナ禍以降、コンテナ不足などの物流の混乱でビールを輸入する際の海上運賃は約40%上昇したが、過去2年間で売り上げが一時3分の1に減ったこともあり値上げは踏みとどまっていた。しかし、急激な円安進行が決め手となり、4月中旬、小林さんは約10%の値上げに踏み切った。

「KOBATSU(コバツ)トレーディング」の小林努代表Photographer: Shoko Takayasu/Bloomberg

円安続けば再度の値上げも視野に

資源価格や原材料価格の上昇を受け、世界でさまざまなモノやサービスの価格が上昇した。追い打ちをかけるように起きた円安の進行は、輸入商品を扱う小林さんには「ダブルパンチ」で、「新規の発注はかなり厳しい状況」と嘆いた。

コストアップに苦しむ小林さんの姿は、海外から原材料を輸入して製造した商品を販売する国内の食品メーカーと重なる。原材料や資源価格の上昇に加えて円安が各社に大きくのし掛かっており、これまでに値上げに踏み切った食品メーカーでも、いまの円安環境が継続した場合には、さらなる値上げを検討せざるを得ない状況となっている。

次ページ素早い値上げは英断か単なる価格転嫁か
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT