コロナ禍でブーム再燃、「2輪業界」5つのトレンド 今の流行は?東京モーターサイクルショー総括

印刷
A
A
第49回 東京モーターサイクルショーの中で筆者が注目したニューモデル(筆者撮影)
第49回 東京モーターサイクルショーの中で筆者が注目したニューモデル(筆者撮影)

ここ数年、活況をみせているバイク業界。とくにコロナ禍の影響が出た2020年以降は、通勤・通学や買い物など日常の足から、ツーリングやキャンプといった旅の用途まで、密を避ける移動手段として人気が高まり、需要も増加傾向だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんななか、バイク関連の一大イベント「第49回 東京モーターサイクルショー」が2022年3月25~27日、東京ビッグサイトにて開催された。国内外の2輪車メーカーやアフターパーツメーカーなどが出展し、新型車から人気モデル、関連パーツなどを一挙展示する当イベントは、例年バイクシーズンが到来する春に開催され、3日間で10万人以上もの来場者が集まる。2019年以来、コロナ禍の影響により3年ぶりの開催となったが、それでも総入場者数は12万3439名。前回開催の14万9524名には及ばなかったものの、相変わらずの人気ぶりをみせた。

当イベントが面白いのは、入場者数の多さだけでなく、会場に並ぶ展示車両などを眺めてみれば、オートバイに関わる近年のトレンドがよくわかることだ。従来、当業界のメインユーザー層は、長年乗り続けているベテランライダーや、若い頃バイクに乗っていたが、子育てなどの理由で一旦は降り、子どもの独立などを契機に再び乗りはじめたリターンライダーなどで、主に40代以上の世代が中心だった。

若い世代からも注目が集まる2輪業界

ところが最近は、自動二輪免許を新たに取得し、乗りはじめる20代などの若い世代の参入も目立つ。当イベントでは、一般に初披露される最新モデルも多いが、それらが採り入れているスタイルには、ベテランユーザーが懐かしさを抱くものや、バイク旅など最近人気のユーザー嗜好が反映されたタイプ、若い世代向けのリーズナブルかつ乗りやすいモデルまで多種多様だ。そこで、ここでは、「ホンダ」「ヤマハ」「カワサキ」「スズキ」といった国内4メーカーを中心に、輸入車ブランドなど各社が展示した新型車などについて、筆者が感じた業界の主な最新トレンドを5つのキーワードにわけて紹介しよう。

次ページ往年の名車を感じさせる「ネオレトロ」の魅力とは?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT