まず「ロジカルスピーキング」から始めよう

グローバルビジネスの現場で必須のスキル

では、論理的な思考や読み書きに結びつく、説得力ある話し方の論理構成とはどのようなものか。「考える技術・書く技術」の著者で、元・マッキンゼーコンサルタント、バーバラ・ミントが説いた理論的な伝え方の法則が「ピラミッド原則」だ。まず、キーメッセージやポイント、つまり結論を伝え、それを裏付ける2~4点の理由・根拠を説明し、さらに、具体的な説明や事例を加えていく。これは、もう一つの代表的な論理構成とされるP-E-E (Point-Evidence-Explain)構造とも一致する。ポイント→論拠→説明の順番だ。

ピラミッド型で話をしよう

筆者は全国紙の経済部記者、PR会社のコンサルタント時代に多くの経営者にインタビューし、また経営幹部に対して、メディア対応やプレゼンテーションのノウハウをコーチングしてきた。のべ1000人以上の社長、役員、政治家など、日本のリーダーたちの話を聞いたが、圧倒的多数が「逆」ピラミッド型。時系列で話を進めたり、ランダムに事例や論拠を説明して、最後に結論がようやく来る、という話し方だ。要するに、前置きが長い。

「朝ごはんは何を食べましたか」という問いに、「朝起きて、歯を磨いて、着替えて、新聞を読んで(中略)……、トーストを食べました」と言っているようなものだ。街頭でたまたま聞いた、ある著名政治家の演説は主語から結論である述語まで、実に3分間はあっただろうか。延々と、句点のみで文章を続け、何を言いたのかが、最後までわからなかった。そのうち主語が何だったかを忘れ、結局、中身がわからない「あみだくじ」のような話し方だ。非常に優秀で頭脳明晰と言われる政治家の方であったのだが…。

一方、アメリカのエグゼクティブのインタビューのやり取りを聞いていると、多くが、この「ピラミッド型」で、実に明快だ。

次ページまず結論を言うことの重要性
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT