まず「ロジカルスピーキング」から始めよう

グローバルビジネスの現場で必須のスキル

日本では、ディベートに対して、「詭弁を助長するだけ」「『正解』を覚えることが中心の日本の教育制度にはそぐわない」といった批判や、競技として導入することへの抵抗もあるようだ。ディベートに関する本格的な教育を受けた専門家や指導者が少なく、十分な研究に基づいた指導手法がまだ、確立されていないという事情もあるだろう。

一方で、グローバル化の波は否応なしに押し寄せている。日本の国際的な発言力の低下が叫ばれる中で、世界の舞台で、自らの主張や意見を論理的に語り、説得し、相互に理解しあうための「語り部」となるリーダーたちの育成は急務であり、その過程で、ディベート教育は避けては通れない道ではないだろうか。

パブリックスピーキングの3つの黄金則

最後に、前回と同様、"ディベートの鉄人"ラドリー・グラッセー氏に聞くコミュ力アップ3つの黄金則を掲載する。今回は、パブリックスピーキング編だ。

①Practice

人前で自然にうまくしゃべれる人などそうはいない。結局は練習に次ぐ練習。これに尽きる。歌手も、スポーツ選手も、役者もみんな練習してうまくなる。話し方も同じ。

②Passion

ぺらぺらとしゃべることが重要なのではなく、情熱をもって語ること。これが何より大切だ。そうした思いが伝われば、聴衆もちょっとしたミスぐらい許してくれる。

③Personal

多くの人を前にして話すとしても、その一人ひとりが「自分に話しかけられているのかな」と思えるぐらい、パーソナルな雰囲気を作り出すべき。一方的に話すのではなく、「会話」をするのだと思うことが重要だ。

※本連載は隔週火曜日に掲載します。次回をお楽しみに!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT