まず「ロジカルスピーキング」から始めよう

グローバルビジネスの現場で必須のスキル

日本では、ディベートに対して、「詭弁を助長するだけ」「『正解』を覚えることが中心の日本の教育制度にはそぐわない」といった批判や、競技として導入することへの抵抗もあるようだ。ディベートに関する本格的な教育を受けた専門家や指導者が少なく、十分な研究に基づいた指導手法がまだ、確立されていないという事情もあるだろう。

一方で、グローバル化の波は否応なしに押し寄せている。日本の国際的な発言力の低下が叫ばれる中で、世界の舞台で、自らの主張や意見を論理的に語り、説得し、相互に理解しあうための「語り部」となるリーダーたちの育成は急務であり、その過程で、ディベート教育は避けては通れない道ではないだろうか。

パブリックスピーキングの3つの黄金則

最後に、前回と同様、"ディベートの鉄人"ラドリー・グラッセー氏に聞くコミュ力アップ3つの黄金則を掲載する。今回は、パブリックスピーキング編だ。

①Practice

人前で自然にうまくしゃべれる人などそうはいない。結局は練習に次ぐ練習。これに尽きる。歌手も、スポーツ選手も、役者もみんな練習してうまくなる。話し方も同じ。

②Passion

ぺらぺらとしゃべることが重要なのではなく、情熱をもって語ること。これが何より大切だ。そうした思いが伝われば、聴衆もちょっとしたミスぐらい許してくれる。

③Personal

多くの人を前にして話すとしても、その一人ひとりが「自分に話しかけられているのかな」と思えるぐらい、パーソナルな雰囲気を作り出すべき。一方的に話すのではなく、「会話」をするのだと思うことが重要だ。

※本連載は隔週火曜日に掲載します。次回をお楽しみに!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT