明治神宮外苑「樹木1000本伐採」への疑問【動画】 大型再開発が突きつける文化財保護の意識

拡大
縮小

東京・明治神宮外苑地区の再開発計画が、3月10日に告示されました。

2036年にかけて球場やビルが順次竣工

現在の明治神宮第2球場跡に高さ55メートルの屋根付き新ラグビー場を建設します。

一方で秩父宮(ちちぶのみや)ラグビー場の跡地には、ホテルと一体になった野球場を建設します。

2022年中に明治神宮第2球場などの解体工事が始まり、2036年にかけて球場やビルが順次竣工していきます。

一方で、この再開発をめぐっては計画の見直しを求める声が上がっています。何がポイントになってるのでしょうか。

東洋経済の森創一郎記者のレポートをもとに動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの中島未麗歌と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:スープアップデザインズ、撮影:今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT