シャープ、そろり近づく中計見直しの深刻度

金融支援継続に"必達目標"のはずが…

今期3期ぶりに最終赤字に転落する可能性が浮上するシャープ。"必達”であるはずの中期経営計画も見直す公算が大きい

シャープの2015年3月期決算が、計画を下回る見通しとなった。10月に発表された14年度通期計画は、売上高2兆9000億円(前期比1%減)、営業利益1000億円(同8%減)、当期純利益300億円(同2.6倍)だったが、前期比での営業減益幅が膨らむ見通し。純利益は赤字に陥る可能性も出てきた。

シャープは経営危機を経た13年5月に、13年度~15年度の中期経営計画を発表。15年度の売上高は3兆円、営業利益1500億円を目標としてきたが、こちらも未達に終わる可能性が高く、今期末にも、15年度以降の新たな中計を発表する見通し。ただ、13~15年度の中計達成は、メインバンクのみずほコーポレート銀行や東京三菱UFJ銀行による金融支援の“前提条件”とされており、支援継続には説得力のある成長シナリオの提示が不可欠だ。

"好調"のはずの液晶事業に黄信号

計画未達となる理由の一つは、主力の液晶パネルや電子部品の価格下落だ。シャープは液晶パネルの過剰投資があだとなって経営危機に陥ったが、足元では小米(シャオミ)など中国のスマートフォンメーカー向けを中心に、中小型液晶パネルの需要が伸びており、液晶は再び成長ドライバーになりつつあった。

しかし、「中国のスマホメーカーは、(アップル「アイフォーン」やサムスン「ギャラクシー」に比べて)新モデル投入サイクルが短いうえに、液晶パネルサプライヤを短期で変更する場合もあり、需要の変動リスクが高まっている」とモルガン・スタンレーMUFG証券の小野雅弘アナリストは指摘する。競合のジャパンディスプレイは、この中国スマホ向けパネルの受注減が一因となって、昨秋に14年度通期見通しを下方修正していた。

シャープは期初時点での需要が好調だったこともあって、今期の液晶事業の営業利益計画を550億円(前期は415億円)としているが、この計画達成が難しいだけでなく、ジャパンディスプレイ同様、今後需要が急減するリスクも抱えている。

次ページ円安の影響も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT