西武ドーム、8年ぶり改名の"本当の"理由

3月から「西武プリンスドーム」に名称変更

2014年度だけでもホテル・レジャー事業に155億円(前年度比55億円増)の設備投資を行う計画だ。実際、プリンスホテルの外国人宿泊客は前年比20%超の高い伸びを記録しており、宿泊客に占める外国人の比率も高まっている。

西武が狙う"観光大国"への布石

後藤高志社長は“観光大国”のトップランナーになると宣言(撮影:尾形文繁)

西武ホールディングスの後藤高志社長は「日本は観光立国を目標に掲げているが、西武グループは一歩進めて“観光大国”を目指し、そのトップランナーになる」と意気込む。その中心にプリンスホテルの施設群が据えられているのは言うまでもない。

また、品川や高輪、東京プリンスホテルをはじめとした大規模会議場を備えたホテルを数多く有しており、政府が誘致を後押しするMICE(国際会議・学会・研修複合施設)の有力な候補地も多く抱える。

特に長野・軽井沢のプリンスホテルは、日本経団連が「夏季フォーラム」をほぼ毎年開催するなど、MICE機能を持つリゾート地として知られている。昨年7月には別荘型の高級宿泊施設「ザ・プリンス ヴィラ軽井沢」がオープンしたが、VIPの滞在も可能な施設となっている。

軽井沢町は2016年に日本で開催が予定されているサミット(先進国首脳会議)の開催地に立候補している。ほかに仙台市、新潟市、浜松市、名古屋市、神戸市、広島市がメーン会場として名乗りを上げているが、近年のサミットは各国の有名保養地が選ばれるケースが多く、軽井沢には追い風といえる。

昨年7月に開業した「ザ・プリンス ヴィラ軽井沢」(撮影:尾形文繁)

「軽井沢をスイスのダボス、米国のアスペンに続く国際リゾート地にしたい」(後藤社長)。サミットの開催地に決まれば、海外でのプリンスホテルの知名度も一気に高まり、“海外旅行客が真っ先に思いつく宿泊先”の地位を確固たるものにできるだろう。

西武グループの成長戦略は、鉄道など都市交通分野を安定成長させつつ、ホテル・レジャー事業と不動産事業で大きな飛躍を図るというものだ。そのカギは、インバウンド需要をどう取り込むかにかかっている。「西武プリンスドーム」への名称変更には、そんな西武グループの意気込みが込められている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。