指揮者の仕事術 伊東乾著

指揮者の仕事術 伊東乾著

西洋音楽に付きものの指揮者。自分では音を出さない音楽家という存在は、世界の民族音楽を見渡しても珍しい存在らしい。実際には指揮者なしでもオーケストラは演奏できるのだが、なぜ指揮者が必要とされるのか。それは優れた経営者は売り上げを伸ばすことができるように、優れた指揮者であれば演奏家集団の持つ力を何倍にも高めることができるからだと、現役の指揮者であり東京大学初の音楽准教授でもある著者は言う。もちろんせっかくの合奏を台なしにする下手な指揮者もいる。つまり指揮者の役割はあらゆる分野のリーダーに通じるものなのだと強調する。

プロの仕事術の基礎が詰まっている指揮者の存在。その「総合力」の秘密を紹介する。

光文社新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。