指揮者の仕事術 伊東乾著

指揮者の仕事術 伊東乾著

西洋音楽に付きものの指揮者。自分では音を出さない音楽家という存在は、世界の民族音楽を見渡しても珍しい存在らしい。実際には指揮者なしでもオーケストラは演奏できるのだが、なぜ指揮者が必要とされるのか。それは優れた経営者は売り上げを伸ばすことができるように、優れた指揮者であれば演奏家集団の持つ力を何倍にも高めることができるからだと、現役の指揮者であり東京大学初の音楽准教授でもある著者は言う。もちろんせっかくの合奏を台なしにする下手な指揮者もいる。つまり指揮者の役割はあらゆる分野のリーダーに通じるものなのだと強調する。

プロの仕事術の基礎が詰まっている指揮者の存在。その「総合力」の秘密を紹介する。

光文社新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT