木曽義仲が実現「都落ち」平家はなぜ西に下った? 実は当時の人も実感していた「盛者必衰の理」

印刷
A
A

「一門の運命は最早、尽きました。しかし、いずれ、世が治まりましたら、勅撰集の御沙汰がございましょう。ここに持参した巻物の中に、しかるべき歌がございましたら、一首でもお情けをかけていただけたなら、どれほどうれしいことかと思います」

天皇の命令により編纂される和歌集に、もしよければ自作の和歌を入れて欲しいと言うのである。

俊成はそれを受けて「このような忘れ形見をいただいた以上は、決して、なおざりには致しません」としみじみ答えたので、忠度は「もはや、この世に思い残すことはございません」と言うと、再び馬上の人となるのであった。

『千載和歌集』に掲載された忠度の歌

忠度の歌は、後白河院の命により編纂された『千載和歌集』に収載される。

「さざなみや 志賀の都は 荒れにしを 昔ながらの 山桜かな(志賀の旧都=古代の近江大津宮はすっかり廃墟となってしまったが、長良山の山桜ばかりは、昔と変わらず咲いている)」

『千載和歌集』が完成したときには、忠度はこの世にはいなかったが、朝敵となっていたこともあり「詠み人知らず」として掲載された。

平家は都から落ちた。平清盛の時代、平家一門は隆盛を極め、全国に多くの荘園を保有し、日宋貿易によって莫大な利益を手にしていた。清盛義弟の平時忠が「この一門にあらざる者は皆人非人なり」と言い放ったことは著名であるが、それも今は昔。平家一門は流浪の日々を送ることになる。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT