進化を遂げた「カメラ付き冷蔵庫」利点と課題 日立40万円超モデルとアイリスオーヤマの「差」

印刷
A
A
冷蔵庫に献立の相談ができるシャープのクラウドサービス「COCORO HOME」対応の冷蔵庫は全10モデルだ(写真:シャープ)

買い物メモで購入済みにしておくと、購入履歴などから、おすすめメニューを教えてくれる。さらに使えば使うほど賢くなり、献立相談履歴からわが家好みのメニューも提案してくれるようになる。冷蔵庫に直接「鶏肉を使ったメニュー教えて」と言えば、好みに合わせて提案してくれるので便利だ。材料とレシピについては、スマートフォンで確認できる。

食材の保存方法なども相談でき、「おつかれさま」といったねぎらいの言葉も言ってくれるので、次第に愛着がわいてくる冷蔵庫だ。冷蔵庫と日常会話を楽しんだり、冷蔵庫だけでなく、あらゆる家電の操作ができたり、SF映画などでよく見かけるような日常がやってくるのかもしれない。

家族間のコミュニケーションができるシャープの無料アプリ『COCORO HOME』の伝言機能を使えば、伝言したい内容を録音して伝言を頼むと、冷蔵庫がしゃべって伝えてくれる。スマートフォンを持っていない子どもに知らせたいときも、冷蔵庫が知らせてくれるから安心だ。自宅近くのスーパーの特売情報も教えてくれるなど、これまでの冷蔵庫ではなかったユニークな機能が搭載されている。

「カメラ付き冷蔵庫」は便利だが、課題も

これまでのスマート冷蔵庫は、冷蔵庫についてはアプリで操作できることが限られていたので、いまひとつ特別な利便性を感じなかった。しかし、今回紹介したような「外出先から冷蔵庫の中身を確認できる」という機能は、実用的ではないだろうか。スーパーで「あの食材、あったかな……」というシーンはよくあるので、この機能はぜひ使ってみたいと感じた。

ただ、カメラ付き冷蔵庫については、冷蔵室の棚は手前しか写らないため、すべての食材を確認するのは難しい。手前にある食品は切らすと困る食材、または背が低いものを置き、奥側には高いものを置くといった工夫をユーザー側が行う必要がある。将来的にはカメラの配置や冷蔵室の構造を見直し、奥側も簡単に確認できるようにしてほしい。

シャープの冷蔵庫のように、忙しい時間帯に「声」で相談できるのも、スムーズにできるようになれば便利かもしれない。現状ではハッキリとした言葉で語りかけなければならず、会話というには少し「間」が気になるが、AIは年々精度もあがっているので、改善していくだろう。スマート家電はどんどん進化しているので、今後も期待したい。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT