知らないとヤバい!カラオケの劇的な変化

なぜ新曲が歌われなくなったのか

……新曲、何曲歌えますか?(写真:KAORU/Imasia)

「最近の曲はよくわからない」。30代以上の読者なら、共通に感じているだろう。実は筆者もそうだった。かつて10代の頃、同じく「最近の曲なんてわからない」という先輩たちや年長者をみるとバカにしたものだ。「おじさんは流行歌がわからない。でも、自分はそうならないぞ」と。

しかし、時間が過ぎて30代になってみればどうだろう。「サザンオールスターズ」とヘビーメタルの新譜はフォローしているが、そのほか、流行歌などほとんどわからない自分がいる。たまにテレビで見かける歌手さえも、「誰、この人?」と周りに聞いて説明を受けても、よくわからない。こんなときがくるとは思わなかったが、加齢とはこういうものかもしれない。

ただし、この「流行歌がわからない病」は筆者だけではないだろう。なんといっても世の中が高齢化しているのだ。たとえば、カラオケはどうだろう。筆者のように「流行歌がわからない病」の中高年が増えるほど、誰も最新の歌を歌わないはずだ。特に、スマートフォンが流行している昨今は、旧来の曲をいつでも購入したりダウンロードしたりできる。

また、無料動画サイト「YouTube」には、曲の発表時期にかかわらず、優れた曲の動画がアップされている。それをいつでも享受できる時代になっているのだ。少子化の中で私のように歳を取っていく人が増えれば、カラオケでは最新の流行歌ではなく、青春の旧ヒットソングを歌う人たちが増えるに違いない。

それに、最近は「カラオケで古い曲ほど人気だ」という。実際はどうなのだろう。

古い曲が好まれるか定量的分析

ここでひとつ仮説検証のために尺度を導入してみた。それを「古さ指数」と呼ぼう。

たとえば、2004年に発表された曲が2014年にカラオケで歌われたとすると、2014-2004=10。2014年に2013年の歌が歌われたら、「古さ指数」は1だ。数が多くなるほど、古い曲が歌われたという目安になる。

次ページ人気曲の変遷を追う
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT