知らないとヤバい!カラオケの劇的な変化

なぜ新曲が歌われなくなったのか

いずれにせよ、カラオケは年々、「古い曲が好まれる」傾向になってきていた。よく考えるにこれは当たり前かもしれない。たとえば、大きな書店の棚を思い起 こせば、ロングセラーの定番本は安定的に取りそろえられている。新しい奇をてらった書籍よりも古典のほうが、はるかにこれからも生き残る可能性が高いの だ。

2014年は「アナ雪」と「AKB」が産業を救った

2004年からの「古さ指数推移」を表したグラフ。(年毎のカラオケトップ5の「古さ指数」を合算し5で割って算出)

ところが2014年はこの古さ指数に変化が見られた。もしかすると新曲文化復活の兆しの年となるかもしれない。

グラフを見て欲しい。2014年は古さ指数が大きく下落している。なぜだろうか。

あの有名な2つのヒット曲が答えとなる。オリコン2014年カラオケヒットランキング1位は「レット・イット・ゴー~ありのままで~」。2014年3月に松たか子さんバージョンが発表されており、ひさびさの古さ指数「0」の曲が登場した。2位はAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」であり、同曲は2013年8月発売だから、古さ指数は「1」だ。

2014年は、珍しく新曲が席巻したといわれた。なるほど確かにカラオケランキングから、この古さ指数なる尺度を創作してみても、その傾向がみてとれる。もちろん、古い曲が歌われるのは悪しき傾向だと言いたいわけではない。ただ、新曲が人気を博し、新陳代謝をもたらしたほうが業界にとっていいに違いない。

この流れは続くだろうか。それが人々の琴線に触れ、心に浸透していくだろうか。2014年が「たまたま」だったのか、あるいは新曲トレンドが続くか。筆者には2015年がカギを握るように思えてならない。もちろん、アーティストからすると「ありのまま」に曲を発表するしかないのだけれど。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。