知らないとヤバい!カラオケの劇的な変化

なぜ新曲が歌われなくなったのか

いずれにせよ、カラオケは年々、「古い曲が好まれる」傾向になってきていた。よく考えるにこれは当たり前かもしれない。たとえば、大きな書店の棚を思い起 こせば、ロングセラーの定番本は安定的に取りそろえられている。新しい奇をてらった書籍よりも古典のほうが、はるかにこれからも生き残る可能性が高いの だ。

2014年は「アナ雪」と「AKB」が産業を救った

2004年からの「古さ指数推移」を表したグラフ。(年毎のカラオケトップ5の「古さ指数」を合算し5で割って算出)

ところが2014年はこの古さ指数に変化が見られた。もしかすると新曲文化復活の兆しの年となるかもしれない。

グラフを見て欲しい。2014年は古さ指数が大きく下落している。なぜだろうか。

あの有名な2つのヒット曲が答えとなる。オリコン2014年カラオケヒットランキング1位は「レット・イット・ゴー~ありのままで~」。2014年3月に松たか子さんバージョンが発表されており、ひさびさの古さ指数「0」の曲が登場した。2位はAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」であり、同曲は2013年8月発売だから、古さ指数は「1」だ。

2014年は、珍しく新曲が席巻したといわれた。なるほど確かにカラオケランキングから、この古さ指数なる尺度を創作してみても、その傾向がみてとれる。もちろん、古い曲が歌われるのは悪しき傾向だと言いたいわけではない。ただ、新曲が人気を博し、新陳代謝をもたらしたほうが業界にとっていいに違いない。

この流れは続くだろうか。それが人々の琴線に触れ、心に浸透していくだろうか。2014年が「たまたま」だったのか、あるいは新曲トレンドが続くか。筆者には2015年がカギを握るように思えてならない。もちろん、アーティストからすると「ありのまま」に曲を発表するしかないのだけれど。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT