川栄李奈、まっすぐな本音に秘めた女優道の境地 「自分を信じる一歩一歩が飛躍への道になる」

印刷
A
A
女優として活躍する川栄李奈に今の自分について本音をたっぷりと語ってもらった(撮影:長田慶)
この記事の画像を見る(6枚)

「自分はすごく運がよくて。今まで自分が選択してきた道で失敗したことがあまりないんです」

女優として着実にステップアップをしてきた川栄は、自らの歩みを振り返りながら堂々と本音を語った。

女優としての原動力を聞くと、「夢があるからやっている」と力強い言葉が返ってきた。

「AKBを卒業してから3つの夢を描いていました。朝ドラヒロイン、大河ドラマ出演、映画で賞を取りたいと。そのために頑張ってきたので、ずっと言っていましたね。

実際に、朝ドラヒロインと大河ドラマ『青天を衝け』に出られたことは自分が描いていた以上に夢が叶っている。だからこそ自分は、その夢のためにコツコツ頑張っているイメージなんです」

活躍の背景にある、“謙虚で低姿勢”という理想像 

浮き沈みの多いエンターテインメントの世界で夢を描いて強く願ったところで、本当に実現できるのは雲をつかむような途方もないことだ。そんな有言実行をしてみせた秘訣をどう感じているのか。

「自分を信じる気持ちを大切にしながら、こうすると決めたら絶対ブレない。やりたいことに対して一歩を踏み出したいタイプです。役に対してのこだわりは特にないのですが、ひとりの人間としての人生設計はしっかり描くようにしています」

確固たる自分を持っていて他人に流されることもない。言葉で語るだけならば簡単だが実際に貫くのはとても難しい。だからこそ、つねに心がけていることがあるという。

“謙虚で低姿勢” 

謙虚で低姿勢であることを常に心がけていると話した川栄李奈(撮影:長田慶)

川栄が仕事をするときに一番大事にしているキーワードだ。一人の名バイプレイヤーとの出会いが、それを確かなものへと変え、自身の成長へと繋がった。

「名バイプレイヤーとして活躍している光石研さんとお会いしたときに、THE低姿勢でスタッフにとても愛されていました。すごく感銘を受けたので、つねに低姿勢を心がけています。

自分も役柄での評価ではなく、人として皆さんから好かれるような人でありたい。母からも、『脇役のほうがすごいんだよ。主役を立たせる脇役が作品を彩ってる』とアドバイスされました」

次ページ若きバイプレーヤーとして力をつけた川栄
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT