47%減!GMSの赤字が膨らみ、イオン大苦戦

第3四半期累計営業利益が前年同期比47%減

 1月9日、イオンは2014年3―11月期の連結営業利益が同47.9%減の493億円と大幅減益になったと発表した。写真は、イオンのロゴ。2013年1月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - イオン <8267.T>は9日、2014年3―11月期の連結営業利益が同47.9%減の493億円と大幅減益になったと発表した。主力の総合スーパー(GMS)事業が営業赤字になるなど苦戦している。ただ、2015年2月期の業績予想は据え置いた。

若生信弥グループ財務最高責任者(CFO)は会見で、通期見通しについて「非常に難しい数字だと思っている」と述べた。

「ありとあらゆる策を打つ」

通期見通しを据え置いた理由については「12―2月期(第4四半期)が一番大きい四半期。ここへ向けて打つべき、ありとあらゆる策を打ち、客数や買上げ点数増につなげていく」とした。

14年2月期の第4四半期の営業利益は765億円。今期の通期見通し達成には、1500億円を稼ぎ出さなければならない。

通期の連結営業収益は前年比9.5%増の7兆円、営業利益は同16.7―22.5%増の2000―2100億円の計画。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト15人の営業利益予測平均値は1570億円で、会社予想を大きく下回っている。

次ページ3-11月期、GMS事業は営業赤字
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT