47%減!GMSの赤字が膨らみ、イオン大苦戦

第3四半期累計営業利益が前年同期比47%減

 1月9日、イオンは2014年3―11月期の連結営業利益が同47.9%減の493億円と大幅減益になったと発表した。写真は、イオンのロゴ。2013年1月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - イオン <8267.T>は9日、2014年3―11月期の連結営業利益が同47.9%減の493億円と大幅減益になったと発表した。主力の総合スーパー(GMS)事業が営業赤字になるなど苦戦している。ただ、2015年2月期の業績予想は据え置いた。

若生信弥グループ財務最高責任者(CFO)は会見で、通期見通しについて「非常に難しい数字だと思っている」と述べた。

「ありとあらゆる策を打つ」

通期見通しを据え置いた理由については「12―2月期(第4四半期)が一番大きい四半期。ここへ向けて打つべき、ありとあらゆる策を打ち、客数や買上げ点数増につなげていく」とした。

14年2月期の第4四半期の営業利益は765億円。今期の通期見通し達成には、1500億円を稼ぎ出さなければならない。

通期の連結営業収益は前年比9.5%増の7兆円、営業利益は同16.7―22.5%増の2000―2100億円の計画。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト15人の営業利益予測平均値は1570億円で、会社予想を大きく下回っている。

次ページ3-11月期、GMS事業は営業赤字
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT