イオン、格安タブレット投入の思惑

見た目は「Surface」そっくり?

12月中旬に発売するタブレット端末は端末代金と通信サービスがセットで月額3580円で使える

格安スマホの火付け役が、タブレット端末販売に乗り出す。流通大手のイオンは11月27日、同社初となる格安タブレットと、第4弾となる格安スマホを発売すると発表した。

タブレットは12月中旬の発売予定。端末代金と通信サービスのセットで月額3850円(端末代金は2860円×24カ月、通信サービスは900円)で提供する。マウスコンピューターと開発した10.1型の端末は、付属のキーボードとマグネットでがっちりと固定して使用できる。一見、マイクロソフトのタブレット端末「Surface(サーフェス)」と見間違えるような外観だ。通信サービスはインターネットイニシアティブ。通常2ギガバイトのLTE対応プランを特別に1ギガバイト増量している。そのほか、月額1680円のモバイルWi-Fiルーターも発売する予定だ。

シニア世代からの要望に対応

格安タブレットの販売に乗り出した背景には、現場のニーズがある。イオン品川シーサイド店の説明会に登壇したイオンリテール・住居余暇商品企画本部の増山薫氏は、「スマホ売り場には、『スマホだけではなくタブレットも使ってみたい』『旅行先でも使えるような、安くて持ち運びができる端末はないのか』というシニアの声が寄せられていた」と話す。

現在、家電量販店や大手量販店が販売する安価な端末は、自宅での利用を想定したWi-Fiモデルがほとんどだ。もちろん、Wi-FiスポットやモバイルWi-Fiルーターを活用すれば外出先でもインターネットに接続することが可能だが、毎回の接続作業が面倒になる難点もあった。そこで、ルーターの販売だけでなく、「通信に必要なSIMカードをタブレットに挿入した状態で販売すれば、手軽に使ってもらえるのではないか、と販売に乗り出した」(増山氏)。今回は5000台のテスト販売だが、端末を変更しつつ、継続的に商品を投入する構えだ。

次ページ格安スマホも刷新
人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。