47%減!GMSの赤字が膨らみ、イオン大苦戦

第3四半期累計営業利益が前年同期比47%減

3―11月期のGMS事業は、営業収益が前年同期比15.3%増の2兆4743億円となったものの、営業損益は289億円の赤字となった。中間期時点の131億円の赤字に比べて、倍以上に拡大した。衣料品の売上げが低調だったほか、消費増税後の価格政策を誤ったことが影響しているという。また、赤字のうち、ダイエー分は120億円含まれている。

SM(食品スーパー)・DS(ディスカウントストア)・小型店事業も営業赤字となった。一方、総合金融事業は、カード会員数の増加などにより、前年同期比15.3%の営業増益となっている。

投資配分を見直し、既存店や海外に比重

同社は、14―16年度で1兆5000億円の投資を計画している。今回、15―16年度の投資について見直した結果、投資総額に変更はないものの、国内新店投資を計画比500億円削減する一方、既存店の活性化投資を200億円、海外投資を300億円積み増す。

国内では、投資を新店から既存店にシフトすることで、収益性を高めていく方針。14年度に活性化投資を実施したイオンリテールの13店舗は、前年比で平均7.1%増収と成果がでているという。

*内容を追加しました。

 

 

 

(清水律子 編集:吉瀬邦彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT