「毎日食べたい餅」を編み出した素人の発想 鳥取発の商品が全国に広がった!

印刷
A
A

商品をユーザーに届けるためには「作る」に加えて「伝える」「届ける」ところまでプランニングしなければいけない。しかし、モノづくりをされてきた職人気質の地元企業の社長の多くは「作る」で止まってしまうことが多い。だからこそ、消費者発想がイノベーションをもたらすのだ。

素人発想、玄人実行

商品化された「毎日がもちようび」

筆者はもともと消費材メーカーで商品開発に従事していたのでこの感覚はよくわかる。いざ自分の商品になってしまうと顧客に対する知識も豊富だし、競合も熟知しているが、ありきたりな発想しか出てこなくなってしまうのだ。

同じ顔ぶれ、必要以上に詰め込んでしまった知識が枠を作り、視野狭窄を起こしてしまうのだ。せいぜい視野は30度くらい。だからこそ残り330度は枠の外から視点を集めることが大切だ。

こうした社外の知恵を借りて、イノベーションを生み出す動きは世界でも注目されつつある。カーネギーメロン大学の金出武雄教授はこのようなプロセスを「素人発想、玄人実行」と表現している。

今回の場合は、自由な生活者発想と、餅のプロフェッショナルのコラボレーションが生んだ素人発想、玄人実行の好例かと思う。餅は餅屋、アイデアはアイデ屋といったところだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT