有料会員限定

新興成長企業のトップが語る「未来戦略」 JMDC|アンビス|JTOWER|セルソース|スパイダープラス|ラクス

印刷
A
A

ヘルスデータの雄
狙うは売り上げ2.5倍
JMDC 社長兼CEO 松島陽介

まつしま・ようすけ マッキンゼー&カンパニー、丸の内キャピタルなどを経て、2013年にノーリツ鋼機副社長COO。18年から現職。(撮影:梅谷秀司)

特集「発掘! 未来の成長企業」の他の記事を読む

得意とするヘルスビッグデータ事業は、当社のみならず関連の業界全体で伸びている。デジタル化の流れの中で、核となるデータの需要が増しているためだ。当社は多種多量のリアルワールドデータを集積しており、とりわけ健康保険組合(保険者)のデータに強みを持っている。

成長戦略は、データの提供先である製薬会社や生保会社のトップ10企業にフォーカスするロイヤルカスタマー戦略だ。専門性の高い医療データを扱うのは、今はデータリテラシーがとくに高いユーザーに限られている。まだまだ市場全体には浸透しきっておらず潜在的ニーズは大きい。

製薬会社や生保会社はデータが取り扱えるようになることで、これまでよりも意思決定の質や業務の効率を高められる。例えば、製薬会社の治験や安全性の調査は各社が主に人力でやっている。データで効率化できる余地は大きい。

データ活用を業界に浸透させるためには、データをただ提供するだけでなく、データを使って何ができるのかという模範例を作り、業界全体でのリテラシーを高めていく必要がある。上位10社にいろんな使い方をしてもらい、データ活用量を大きくしていく。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内