有料会員限定

成長企業の「見分け方」大全 年収、創業家、ビジネスモデル、キャッシュフロー

印刷
A
A

あまたある上場企業の中で頭角を現す企業は、共通点がある。

(santima.studio / PIXTA)

特集「発掘! 未来の成長企業」の他の記事を読む

企業の成長力はまず売上高に表れる。売上高の急激な伸びは、市場シェアの拡大や技術革新によって、既存の商品やサービスの置き換えに成功していることを意味する。売上高は利益の源であり、赤字が続いていても、売上高が一定水準を超えれば一気に黒字化するケースは多い。

成長企業を探す際、併せて注目したい点は利益の使い方だ。FA(ファクトリーオートメーション)センサー大手・キーエンスの2021年3月期の売上高と営業利益は10年前の3倍に伸びたが、社員も8400人弱と約2.7倍に増え、平均年収は1751万円となり462万円増えた。

キーエンスの強みは、直販営業による顧客ニーズの吸収にある。社員の平均年齢は33.4歳から35.8歳に上がったが、人に投資を続けてきたことがわかる。上場企業には最高益が続いても、平均年収が500万円前後のまま、配当もしない企業がある。投資案件があり一時的に社員や株主へ還元できないならわかるが、それが続くなら、“使い捨て型”の成長だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内