いつの間にかゲーム屋、それもなんか面白い--南場智子 ディー・エヌ・エー社長[下]


 同じく営業に飛び回った川田によれば、その後のモバオク開花や、モバゲーで外部ソフトや広告を開拓できたのも、「この時期培った筋力」があったればこそだった。そして、02年度下半期、半期ベースでついに、涙々の黒字化を達成する。
 
 ちょうどその頃、カメラ付き携帯の一般化やパケット定額制の浸透で、時代はパソコンから携帯電話へ大きく舵を切る。ヤフオクを出し抜くには、とにかく新分野へ。南場はこのチャンスを見逃さなかった。

システムを外注に丸投げして失敗した教訓から、南場は自社内の技術陣を厚くしており、今度は、パソコンから携帯への地殻変動に対応する技術力も整っていた。04年3月、事業の重心をモバオクにシフト。モバオクのシステムはビッダーズと完全に切り分け、モバオクに経営資源を集中することで、携帯向けネットオークション1位の座をもぎ取った。

ちなみに、南場が直接企画に携わったのはこのモバオクまで。モバゲー開業(06年2月)、自社製作の『怪盗ロワイヤル』などソーシャルゲーム投入(09年10月)と、その後の快進撃はすべて、権限を委譲された現場から立ち上がった企画である。

モバゲーは、ダウンロード課金が主流だった当時、いち早く数十種の無料ゲームを投入して顧客を引き寄せ、アバター(サイト上の分身)や「武器」アイテムの販売とアフィリエイト(成果型広告)を組み合わせて“儲ける”仕組みを完成させた。

モバゲーもソーシャルゲームも、創業期の苦闘の中で培われた「とにかく黒字」「とにかく新分野」のDNAをしっかり受け継いでいるが、構想段階から進めたのが現取締役の守安功、川崎修平や執行役員の畑村マサ章だ。南場自身は、サービスインのパーティに招かれる側だった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT