有料会員限定

「教養書」名著ランキング 未来を知るためにも読み継がれるべき25冊

印刷
A
A

近年刊行のベストセラーから昔懐しいロングセラーまで名著がズラリ登場。

特集「「未来を知る」ための読書案内」の他の記事を読む

壮大な人類の物語
進化のカギは「虚構」

過去の刊行物も含めたあらゆる教養書の中で、堂々トップの座に輝いたのは『サピエンス全史』だ。世界で1600万部を超える大ベストセラー。国内では2016年9月の刊行以来、紙版と電子版を合わせた上下巻の累計部数は約110万部に達する。

うち紙版は約90万部で、上巻約50万部、下巻約40万部の売れ行き。通常、上下巻ものは売れないという出版業界のジンクスを軽々と破り、600ページ弱の大部を下巻まで読み切る読者が実に多かったことがうかがえる。世界でも、ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグ、バラク・オバマなど著名人が絶賛する、本書の評価の高さはお墨付きだ。

ホモ・サピエンスが食物連鎖の頂点に立ち、文明を築いたのはなぜか──。壮大な人類の物語において、答えのカギを握るのは「虚構」であると説く。これこそ『サピエンス全史』の中心となるテーマだ。

著者のユヴァル・ノア・ハラリはイスラエルの歴史学者。国家や企業、法律、貨幣、さらには人権や平等といった考えまでも、集団で信じている虚構(共同主観的現実)であることを明らかにする。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「未来を知る」ための読書案内
経済書、ビジネス書、ノンフィクション本
本屋さんならではの視点
トップは780ページに及ぶ大著、全32冊がズラリ
インタビュー/ブログ「読書猿Classic」主宰 読書猿
本読みの巨人 池上彰が薦める
経済学者や市場関係者が選んだ全36冊
インタビュー/法政大学経済学部教授 酒井 正
インタビュー/ジャーナリスト・作家 デヴィッド・ウォルシュ
リアル社会にも影響を及ぼす
本読みの達人 内田樹が薦める
未来を知るためにも読み継がれるべき25冊
各分野の第一人者が推薦 未来がわかる10テーマ×3冊
THEME 02| 最先端医療
THEME 03|AI
THEME 04|DX
THEME 05|気候変動
THEME 06|CASE
THEME 07|デジタル通貨
THEME 08|米中対立
THEME 09|格差社会
THEME 10|働き方
20年後、30年後の世界がわかる全32冊
インタビュー/Xプライズ財団CEO、ベンチャーキャピタリスト ピーター・ディアマンディス
インタビュー/HONZ代表 成毛 眞
「未来を知る」ための読書案内
ベストブック2021
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内