有料会員限定

ビジネスパーソン必読の7冊はこれだ! 本読みの巨人 池上彰が薦める

印刷
A
A
ジャーナリスト 池上 彰(いけがみ・あきら)1950年生まれ。東京工業大学特命教授、名城大学教授。慶応大学卒業後、NHK入局。報道記者やキャスターなどを務め、2005年に独立。『伝える力』『おとなの教養』『そうだったのか!現代史』など著書多数。(撮影:ヒダキトモコ)

特集「「未来を知る」ための読書案内」の他の記事を読む

忙しいビジネスパーソンは本を読む時間が取りにくい。書店に行っても、難しい本は敬遠して、自己啓発本を手にしてしまう。自己啓発本が悪いとは言わないが、スラスラ見て本を読んだ気になってしまう、というのはちょっと違うのではないか。

一方で、企業経営者などは、ものすごい古典を薦めたりするけど、これもやっぱりハードルは高い。在宅勤務が広がり、さらにゴールデンウィークに入るので、言ってみればその中間にあるような本を読んでもらいたい。

本当の古典を読めればいいのだが、そうでなくとも、うまく哲学や歴史などのリベラルアーツの世界に親しんでもらいたい。そういう思いがあって、比較的手に取りやすい、そして自分の生き方であるとか仕事のことを考えるきっかけになる本を選んだ。

真っ先に浮かんだのは、『組織の不条理』。日本軍がどのように失敗したのかについて、実にたくさんの本が出ている。太平洋戦争のときになんで日本はあんなにぶざまな負け方をしたのか、なんであんなにたくさんの人が亡くなったのか。それは当時の日本軍が極めて不合理で、論理的な思考ができなかったからだ、と評価する本が相当に出ている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「未来を知る」ための読書案内
経済書、ビジネス書、ノンフィクション本
本屋さんならではの視点
トップは780ページに及ぶ大著、全32冊がズラリ
インタビュー/ブログ「読書猿Classic」主宰 読書猿
本読みの巨人 池上彰が薦める
経済学者や市場関係者が選んだ全36冊
インタビュー/法政大学経済学部教授 酒井 正
インタビュー/ジャーナリスト・作家 デヴィッド・ウォルシュ
リアル社会にも影響を及ぼす
本読みの達人 内田樹が薦める
未来を知るためにも読み継がれるべき25冊
各分野の第一人者が推薦 未来がわかる10テーマ×3冊
THEME 02| 最先端医療
THEME 03|AI
THEME 04|DX
THEME 05|気候変動
THEME 06|CASE
THEME 07|デジタル通貨
THEME 08|米中対立
THEME 09|格差社会
THEME 10|働き方
20年後、30年後の世界がわかる全32冊
インタビュー/Xプライズ財団CEO、ベンチャーキャピタリスト ピーター・ディアマンディス
インタビュー/HONZ代表 成毛 眞
「未来を知る」ための読書案内
ベストブック2021
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内