命を守れ!「スマートシャツ」の潜在力

<動画>センサーが心臓をモニタリング

このシャツを着るだけで、心臓に不安を抱えている人も安心して暮らせる!

イスラエルの起業家が、心臓の動きをモニターする心電計(ECG)をストレッチの効いたシャツに編み込み、異常を感知した時に、患者達自身、そして彼らの医者たちの携帯デバイスに、いち早く警告を連絡できるようにした。このシャツは、ハイリスク妊娠をしている母親と、その胎児をモニターするために使うことも可能だ。

繊維と医療のエキスパートのチームが創り出した、心臓の動きをモニターするこのシャツは異常警報を、患者自身や彼らを診ている医者の携帯電話に直接送ることができる。

病気の種類を自動的に検知

このシャツを開発したイスラエルのヘルスウォッチ社によると、このシャツによる診断と治療のスピードアップは、計り知れないほど貴重なことだと言う。

ヘルスウォッチのマーケティング&ビジネスデベロップメント担当副社長であるドヴ・ルービン氏は次のように語る。

「ヘルスウォッチの商品であるこのシャツはとてもユニークで、心臓の心電計の動きを感知して、心臓やその人が自分で持つ病気の種類を検知します。そしてそのデータをブルートゥース経由ですぐに転送して、それを心臓外科医がスマートフォーンで直接受け取れるので、治療までの貴重な時間を短縮できます」

次ページ心臓の全体状況を把握
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。