命を守れ!「スマートシャツ」の潜在力

<動画>センサーが心臓をモニタリング

このシャツを着るだけで、心臓に不安を抱えている人も安心して暮らせる!

イスラエルの起業家が、心臓の動きをモニターする心電計(ECG)をストレッチの効いたシャツに編み込み、異常を感知した時に、患者達自身、そして彼らの医者たちの携帯デバイスに、いち早く警告を連絡できるようにした。このシャツは、ハイリスク妊娠をしている母親と、その胎児をモニターするために使うことも可能だ。

繊維と医療のエキスパートのチームが創り出した、心臓の動きをモニターするこのシャツは異常警報を、患者自身や彼らを診ている医者の携帯電話に直接送ることができる。

病気の種類を自動的に検知

このシャツを開発したイスラエルのヘルスウォッチ社によると、このシャツによる診断と治療のスピードアップは、計り知れないほど貴重なことだと言う。

ヘルスウォッチのマーケティング&ビジネスデベロップメント担当副社長であるドヴ・ルービン氏は次のように語る。

「ヘルスウォッチの商品であるこのシャツはとてもユニークで、心臓の心電計の動きを感知して、心臓やその人が自分で持つ病気の種類を検知します。そしてそのデータをブルートゥース経由ですぐに転送して、それを心臓外科医がスマートフォーンで直接受け取れるので、治療までの貴重な時間を短縮できます」

次ページ心臓の全体状況を把握
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT