CES開幕!スマホ鈍化の中で注目の的は?

「モノのインターネット」で新アイデアが続々

日本のモノづくりベンチャーが出展したユニークなIoTがこれだ(その詳細は本文に)

世界最大の家電ショー「International CES2015」が1月6日から9日まで米ネバダ州ラスベガスで行われる。今年は昨年に比べ、よりいっそう「モノのインターネット(Internet of Thing:IoT)」の出展が多くなっている。スマートフォン(スマホ)の出荷台数が新興国、とりわけ中国で急伸したことで、スマホと連動する多様なデバイスが登場したためだ。

スマホはすでにピークアウト

台数成長の伸びも大幅に鈍化

この展示会を主催しているCEA(全米家電協会)によると、スマホの世界市場は2014年の出荷が前年比28%増となる12億73690万になる見込みだが、2015年は15億台まで増加するという。増加率は19%。2011年が前年比61%増、2012年が同55%増、2013年が同49%増だったことと比較すると、2014年の28%増、そして2015年の19%増は大幅な成長鈍化といえる。すでに"成長率"という面では、完全にピークアウトしていることは間違いない。

新興国も成長鈍化が顕著だ。スマホの全出荷台数に対する新興国の割合は2014年の見積もりで71%に達しており今年は75%になると見込まれているが、やはりかつての勢いはない。言い換えれば、これまで新興市場と言われていた国も、スマホに関してはすっかり開発が進んでしまっていると言える。「今後は(世界最大の規模を誇る)中国を除く新興国市場が重要になる」とCEAのアナリストはコメントしているが、これまでほどの急激な伸びが期待できないことは明らかだ。

次ページシャオミはトレンドリーダーではない
人気記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。