CESの意外な成長株「3Dプリンタ」

ウエアラブルデバイスやカーエレだけではない!

CESの会場の様子

1月7~10日まで米ラスベガスで行われる世界最大規模のエレクトロニクス展示会、「インターナショナルCES2014」。会場ではウエアラブルデバイス、カーエレクトロニクスの出展が目立ったが、ほかにも地味な”成長株”があった。3Dプリンタだ。

特別ゾーンを設置

2013年のCESでは大手が数社出展しただけだったが、今年は28社が出展。専用の展示スペース「3Dプリンティング・テックゾーン」をラスベガス・コンベンションセンター南館3に設置した。3Dシステムズ、ストラタシス、メイカーボット(ストラタシス傘下)など米国に本拠を置く大手企業のほか、仏スカルプテオなどがブースを出していた。展示会を主催する団体のカレン・チュプカ企業ビジネス戦略上級副社長は特別ゾーンを設置した理由について「産業界の中でダイナミックで革新的な分野の一つに急激になったため」と語る。

ここ2~3年でにわかに注目が集まりだした3Dプリンタだが、その新しいトレンドはどのようなものだろうか。わずか499ドルの3Dプリンタを台湾のXYZプリンティングが展示するなど、「低価格化」は依然としてキーワードだ。

次ページ「ネットワーク」もキーワード
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。