韓国の素朴な大納会、北朝鮮はお祝いダンパ

<動画>12月30日のニュース映像より

大納会はいたってシンプルなようだ

12月30日、東証の大納会で鐘を鳴らして今年の取引を締めくくったのは、NHK連続テレビ小説「マッサン」にエリー役で出演している女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんだ。毎年、その年の旬な人を招いて行われる大納会は、証券業界の重鎮が居並ぶ儀式として定着。まるでお祭りのように、「人がごった返している」という印象である。

紙吹雪はセルフサービス

提供:ロイター

それに対してお隣の韓国取引所の最終日はちょっと違うようだ。「数人の若いスタッフが足元の小さな袋から出した紙を自分の手で上に投げ上げ、紙が落ちてくるまでの間に、素早く拍手をする」という質素なパフォーマンスだ。

ロイターのビデオをみるとわかるように、スティルカメラの撮影用に少なくとも2~3回は紙ふぶきを投げ上げているようだ。くすだまを割ってパラパラと上から降ってくるのとは違い、カメラも撮影のタイミングが難しそうである。

次ページピョンヤンでは寒空の下でダンスパーティー
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。