北朝鮮、オバマ大統領を「サル」呼ばわり

「ネット停止はアメリカの仕業」と非難

提供:ロイター

もともとはどちらが仕掛けたのか、ということは北朝鮮にとっては関係のないことらしい。12月27日、北朝鮮の国防委員会は、北朝鮮国内でインターネットへの接続ができなくなったことにワシントンが関与していると断定。バラク・オバマ大統領を「サル」と呼んで非難した。

国防委員会の使用している表現は、人種差別的で幼稚なもの。「オバマの言動はいつも向こう見ずで、熱帯林のサルのようだ」と記すなど、口汚い表現を使用している。

北朝鮮における最初のネットの遮断は23日に発生し、9時間近くネットに繋がらなかった。そして、27日にも接続不能になっている。オバマ大統領に対しての侮蔑の言葉は、ソニーの金正恩第一書記の暗殺を脚本に扱ったアクションコメディー「The Interview」の公開と自国へのサイバー攻撃に抗議をするためなのだろうが、それにしても品がない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。