北朝鮮、オバマ大統領を「サル」呼ばわり

「ネット停止はアメリカの仕業」と非難

提供:ロイター

もともとはどちらが仕掛けたのか、ということは北朝鮮にとっては関係のないことらしい。12月27日、北朝鮮の国防委員会は、北朝鮮国内でインターネットへの接続ができなくなったことにワシントンが関与していると断定。バラク・オバマ大統領を「サル」と呼んで非難した。

国防委員会の使用している表現は、人種差別的で幼稚なもの。「オバマの言動はいつも向こう見ずで、熱帯林のサルのようだ」と記すなど、口汚い表現を使用している。

北朝鮮における最初のネットの遮断は23日に発生し、9時間近くネットに繋がらなかった。そして、27日にも接続不能になっている。オバマ大統領に対しての侮蔑の言葉は、ソニーの金正恩第一書記の暗殺を脚本に扱ったアクションコメディー「The Interview」の公開と自国へのサイバー攻撃に抗議をするためなのだろうが、それにしても品がない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT