「非アルコール性」脂肪性肝炎とは?

年末年始「3キロ増」「だるい」は危険なサイン

「私たちの研究グループが2014年11月発表した研究成果で、ブロッコリーの芽の『ブロッコリースプラウト』の成分に、肝機能を改善する効果があることがわかりました。スーパーでも入手できる野菜なので、サラダに加えるのは一考だと思います」

年末年始の暴飲暴食から肝臓を守る6つの法

そこで、西﨑副院長に、年末年始の暴飲暴食から肝臓を守る方法を教えてもらった。

①ケーキやチョコレートを食べ過ぎない。1日1個など制限を設けること

②肉類の脂身だけでなく、天ぷらなどに使われる植物性油も控える。

③お餅などの炭水化物はほどほどに。お餅は1食1~2個までと決める

④食事の最初に、ブロッコリースプラウトを含む両手の平一杯のサラダをノンオイルドレッシングで食べる

⑤肝臓の働きを助ける成分、タウリンを含むタコやイカ、エビなどを食べるようにする

⑥アルコールは飲み過ぎないこと

「糖質や炭水化物、脂肪を食べ過ぎると、脂肪肝の原因となるのですが、年末年始はそれらを食する機会が増えやすいといえます。3キログラム増えた体重を落とすのは、私自身も経験がありますが、結構たいへんです。増やさないことが一番でしょう。だからこそ、ちょっとした食生活の見直しが必要なのです。年末年始の会食も、健康を維持しながら楽しんでいただきたいと思っています」と西﨑副院長はアドバイスする。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。