プロ野球の「トライアウト」にモノ申す!

漫画『グラゼニ』作者と元選手が語る内情

司会 バッターも最後の打席で、四球や死球(デッドボール)はつらいですよね。

高森 僕の最終打席の時に「野球人生最後かな」と思って打席に入ったら、いきなりスリーボールですよ。最後に四球はいやだって、次はファウルにして、4球目に野球人生最高の当たり。よしって思ったら向かい風で普通のライトフライでしたけどね。

雨だと守備のアピールができない

司会 去年、草薙球場で雨が降ってきて室内でやることになり、かわいそうで。守備のアピールができない。キャッチャーだって肩をアピールできない。

高森 打者はカーンと打ってよし、ホームランだな、投手はやられたって時にファインプレーとかあると、微妙な空気なんですよね。第2回になると、選手が少なくなるので、守備とかに球団職員が入って簡単なファウルフライをエラーした。バッターは打ち取られているわけだし「いいの?」って。投手は「ファウル、だよな、もう1回か」って。その後ヒット打って、ピッチャーに「ごめん、ごめん」って。微妙な感じです。

司会 フェンス際のキャッチャーフライでも、ものすごく追いかけて。見ている人は「ファウルにしてやれよ」って思うけど、キャッチャーもアピールするぞって、その狭間の空気がね。

『週刊野球太郎』スポーツライターのオグマナオト氏

高森 審判に聞いたことがあるんですよ。審判も辛いでしょって。そしたら「辛いよ。俺の判定でどっちかに転ぶから」と言っていましたね。

司会 同じ球団同士の対戦もありますか?

高森 あります。僕がホームランを打った時に、ピッチャーもキャッチャーも元チームメート。周りから「お前ら内輪で何やってんだよ」って。

オグマ 2回目のトライアウトは平日にもかかわらずすごいお客さん。ファンの注目度も増していると感じますね。

森高 1回ないし2回こっきりの勝負で、トライアウトが合理的な方法なのかって思いましたね。エンターテインメントとして見るのはいいけど、選手の実力が本当に測れるのか、素人目には考えちゃいました。野球は「率」のスポーツなんだから、それこそリーグ戦でやるとか、制度として熟成していけばいいと思う。

高森 すごく難しいのは、観客もどっちを応援したらいいのかわからない。カーンって打つと「よかったね、でもピッチャーはねぇ。よし、どっちも頑張れ」って、誰が出てきても拍手する。いい雰囲気なんですよ。僕は、最後にいいところでやらせてもらっているなあって思いましたね。

(筆者解説)グラウンドにいる人すべてが「アピールしたい」「アピールさせてやりたい」と思っていても、一方が浮かぶと、もう一方は浮かばれない。再就職希望選手同士に戦いは、見方によっては残酷な面もある。プロとして通用しなくなったと判断された選手同士の戦いでいい結果を出しても、それでまた通用するのかという疑問もある。それでも、この場に人生を賭ける選手がいることには間違いないし、「最後の自分」を楽しんでいることも確かなようだ。 
『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男たち~』は12月30日(火)夜22時からTBS系列で放送(フェイスブックページはこちら)。なお、番組放送直前の今夜19時からもニコ生で特番「『TBSプロ野球戦力外通告』テレビ放送直前 G.G.佐藤氏をゲストに語りつくす裏話SP」が配信される。

(撮影:尾形 文繁)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT