FXで驚異の1万5000Tポイントゲット!

2015年に上がる銘柄が見えてきた?

値上げを発表する吉野家の河村社長。次はすき家か(撮影:梅谷秀司)

12月中旬になって、日経平均株価は1000円幅で暴落と急騰するという、荒っぽい値動き。原油安が大きな原因だが、振り回された投資家も多かったのでは。さてこの2週間、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな投資をしていたのか。2014年最後の「株日記」で振り返ってみよう。

NISAの非課税枠20万円増?少なすぎませんか

この連載の一覧はコチラ

【12月8日(月)】先週末のNYダウは、58ドル高の1万7958ドルと小幅反発。9時6分、日経平均株価は、1万8000円台を回復したが、大引けでは15円高の1万7935円で驚異の7日続伸。7~9月期の実質GDP改定値は、年率1.9%減に下方修正。魚力(7596)から9月権利の優待品(年1回)が届く(今年はクール宅急便で明太子と数の子のセット)。配当は3月期末に年1回。

【12月9日(火)】午前3時、日経平均先物は、190円安の1万7780円。NYダウも、106ドル安の1万7852ドル反落。NISAの上限を120万円に、子供版は80万円で新設と報道。非課税枠が増えることは嬉しいことだと思うけれど、たった20万円増えただけでは、少な過ぎませんか?

13時発表、吉野家ホールディングス(9861)が、ついに値上げを発表した。牛丼並盛が、300円から380円へと80円も値上げする。前々回のコラムでは、「吉牛は、いつまで300円で食べられるのか」というタイトルで日記を書いたのだが、残念なことに「12月17日午後3時まで」となってしまった。

「牛すき鍋膳」は据え置くそうだが、2014年の5月からすでに40円値上げして630円となっている。最近、私の行く店舗では満席のことも多くて、理由はこの昼間から「牛すき鍋膳」をゆっくり食べている人が増えたから。ちょっとムカつく。吉野家ホールディングスの終値15円高の1342円。日経平均は、122円安の1万7813円。

次ページ順調に見えた師走相場だったが・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT