有料会員限定

「郵便局員だから安心」は今や不幸の始まりだ! かんぽで高齢者とのトラブル続出

印刷
A
A
内部資料の一部。顧客からの苦情の実例と問題点が「保険であることの説明不足」など分類して列挙(撮影:梅谷秀司)

特集「保険に騙されるな」の他の記事を読む

郵便局員と高齢者との保険トラブルが絶えない。本誌が入手したかんぽ生命保険の内部資料(かんぽ生命から委託を受けた保険募集人〈=郵便局員〉向けの研修用資料)によれば、2016年4〜12月に顧客から寄せられた苦情は4483件。うち契約者が高齢者なのは、全体の約6割に当たる2701件もあった。

最も多い苦情は「重要事項の説明がなかった・加入時の説明と違っている」で過半を占める。次いで「加入した覚えがない」「理解しないまま契約してしまった」「勧誘が強引だった」と続く。

記事下の一覧表はこの内部資料に記された苦情の実例だ。ここでわかるのは、強引ともいえるかんぽ生命の販売手法が全国で問題を引き起こしているということだ。具体的に見ていこう。

「定期貯金にしてほしいと希望したのに保険証券が送られてきた」(契約者の年齢は76歳)、「満期保険金を受け取る書類だと思って記入したら、新たな保険に加入していた」(同82)、「父は軽度の認知症で契約内容を理解できていない」(同75)など、「保険の契約とは思わなかった」とするトラブルが特に多い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
保険に騙されるな
ライフネット生命のがん保険
現状はパンフ配布止まり
がんの定義が変われば保障も変わる
Interview | 永田 宏●長浜バイオ大学教授
「緩和型」「無選択型」を選ぶ前に
介護施設では給付金を受け取れない
粒子線治療、多焦点レンズは本当に必要?
Q&Aで解説
»»Part3 医療保険・がん保険に騙されるな
覆面調査|保険ショップ・銀行・郵便局
手数料開示は保険販売の現場を変えるか
かんぽで高齢者とのトラブル続出
»»Part2 ウソが横行、営業の現場
2025年問題、35年問題の連続パンチ
「外貨は高金利」に引っかかるな
高コストで積立・長期・分散投資に向かない
「日本版トンチン年金」の魅力は乏しい
»»Part1 「保険で貯蓄」はありえない
その契約、本当に必要?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内