有料会員限定

「2人に1人はがんになる」はまやかし Q&Aで解説

印刷
A
A

がんや保険についての知識があいまいなのに、営業職員に言われるままにがん保険に入っている人は少なくないようだ。『販売員も知らない医療保険の確率』の著書があり、医療情報学が専門の長浜バイオ大学の永田宏教授に基本から聞いた。

答える人▶長浜バイオ大学教授●永田 宏
ながた・ひろし●筑波大学理工学研究科修士課程修了。東京医科歯科大学で医学博士号取得。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンターを経て現職。

Q. 「2人に1人はがんになる時代だからがん保険に入るべきだ」と営業職員に言われました。本当でしょうか。

A. 生涯を通して考えれば、確かに2人に1人の割合でがんにかかりますが、がんは高齢者に多い病気です。あなたが50歳とすると、10年後にがんにかかる確率は6%です。60歳でも男性で15%、女性は9%。これらの数字を参考に、がん保険に入るかどうかを検討するといいでしょう。

特集「保険に騙されるな」の他の記事を読む

Q. がんで手術する確率はどのくらいなのでしょうか。

A. 最新(2014年度)の手術確率は下図のとおりです。それ以前は手術件数の正確な数字が公表されていませんが、胃がんや大腸がんの数字はほとんど変わっていないでしょう。肺がんや膵臓(すいぞう)がん、肝臓がんは手術方法の改良により増えてきていると思われます。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
保険に騙されるな
ライフネット生命のがん保険
現状はパンフ配布止まり
がんの定義が変われば保障も変わる
Interview | 永田 宏●長浜バイオ大学教授
「緩和型」「無選択型」を選ぶ前に
介護施設では給付金を受け取れない
粒子線治療、多焦点レンズは本当に必要?
Q&Aで解説
»»Part3 医療保険・がん保険に騙されるな
覆面調査|保険ショップ・銀行・郵便局
手数料開示は保険販売の現場を変えるか
かんぽで高齢者とのトラブル続出
»»Part2 ウソが横行、営業の現場
2025年問題、35年問題の連続パンチ
「外貨は高金利」に引っかかるな
高コストで積立・長期・分散投資に向かない
「日本版トンチン年金」の魅力は乏しい
»»Part1 「保険で貯蓄」はありえない
その契約、本当に必要?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内