有料会員限定

先進医療特約のせいで不要治療受ける悲劇も 粒子線治療、多焦点レンズは本当に必要?

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

先進医療特約は月々100円程度と低額。ただ、同特約に入っているがゆえに、本来必要のない治療を受ける例が後を絶たない。「『先進医療特約に加入しているなら』と医師に勧められて多焦点眼内レンズにしたが、手術後にどうも目が疲れる」「『先進医療』というから最先端技術だと思ったのに、多焦点レンズにしたら物が見えにくくなった」……。認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)の山口育子理事長の元には、高齢者からそんな相談が寄せられている。

多焦点レンズは白内障手術で用いられる。目の中の水晶体を砕き、人工の眼内レンズを挿入する。近くか遠くかに水晶体の焦点を合わせる単焦点眼内レンズに対し、多焦点レンズはどちらにも焦点が合うというのが売り文句だ。

ただし多焦点レンズは医療上の効果が十分に実証されたわけではなく、現段階では健康保険が利かない「先進医療」の位置づけ。先進=医学的に優れた技術というわけではないことに注意が必要だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
保険に騙されるな
ライフネット生命のがん保険
現状はパンフ配布止まり
がんの定義が変われば保障も変わる
Interview | 永田 宏●長浜バイオ大学教授
「緩和型」「無選択型」を選ぶ前に
介護施設では給付金を受け取れない
粒子線治療、多焦点レンズは本当に必要?
Q&Aで解説
»»Part3 医療保険・がん保険に騙されるな
覆面調査|保険ショップ・銀行・郵便局
手数料開示は保険販売の現場を変えるか
かんぽで高齢者とのトラブル続出
»»Part2 ウソが横行、営業の現場
2025年問題、35年問題の連続パンチ
「外貨は高金利」に引っかかるな
高コストで積立・長期・分散投資に向かない
「日本版トンチン年金」の魅力は乏しい
»»Part1 「保険で貯蓄」はありえない
その契約、本当に必要?
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内