有料会員限定

鉄路再建は次の段階に 地域復興の核となる公共交通機関

印刷
A
A
2016年12月10日、JR常磐線の新地駅を出発する列車を見送る地元住民たち(共同通信)

特集「鉄道最前線 2017」の他の記事を読む

JR常磐線の相馬─浜吉田間が2016年12月10日に運転を再開。これで、残る東日本大震災の津波による不通路線は、JR山田線宮古─釜石間だけとなった。この区間は第三セクターの三陸鉄道への移管が決まり、18年度の運転再開を目指して復旧工事が進められている。

気仙沼線、大船渡線の被災区間はBRT(バス高速輸送システム)による本復旧となるなど、震災前と同じ姿とはいかないが、ここにきて、公共交通機関の復興は一段落したようにも思えてきた。

取材で現地を旅してみると、バスの運転本数はかつての列車よりも多くなっているなど、「絶対、鉄道」というこだわりがなければ、不便を感じることは少なくなっている。わずか6年前のことながら、事前の綿密な情報収集なしでは、隣町への移動も困難であった震災直後のことを思い起こせば、今は隔世の感がある。

むろん、沿線は復興途上であり、被災地では盛んに工事が行われている。福島第一原発事故に伴う避難により不通となっている常磐線竜田─小高間も、全面運転再開の予定は20年春。まだ完全とは言えない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
鉄道最前線 2017
「女鉄道ひとり旅」のヤスコーンが描く
ヨーロッパの美しい村30選を訪ねて
オープンアクセスで大競争時代に
国とメーカーの連携不足が露呈
中国&ビッグスリー
地域復興の核となる公共交通機関
新分野に挑み続ける乗車券印刷の老舗
「冬」に入る日本の鉄道業界
「4時間の壁」は今も健在
JR化後の大手私鉄は「東高西低」
[特別寄稿]JR九州初代社長 石井幸孝
ローカル線が直面した国鉄改革
生誕30年でどう変わった?
TOP INTERVIEW JRシステム社長 藤井和彰
TOP INTERVIEW 鉄道総研理事長 熊谷則道
新幹線もリニアも──
TOP INTERVIEW JR貨物社長 田村修二
JR貨物の経営を下支えする
JR誕生直後の結束が生んだ「奇跡」
TOP INTERVIEW JR四国社長 半井真司
官民一体で攻める
TOP INTERVIEW JR北海道社長 島田修
維持か、廃止か
TOP INTERVIEW JR九州社長 青柳俊彦
「NR」や「6本線」の案もあった
TOP INTERVIEW JR西日本社長 来島達夫
カキの養殖からAI活用など
TOP INTERVIEW JR東海社長 柘植康英
訓練以上のことは実践できない
TOP INTERVIEW JR東日本社長 冨田哲郎
「お前は辞めるな」
JRの30年 ─JR各社トップが語る「過去・現在・未来」─
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内