有料会員限定

ユーレイルパスで巡る3500キロの旅 ヨーロッパの美しい村30選を訪ねて

印刷
A
A

ヨーロッパを鉄道で旅したことがある人なら「ユーレイルパス」の名を、一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。加盟するヨーロッパ各国の鉄道が期間中全線乗り放題となるパスだ。2016年5月に行われたユーレイル社主催のプレスツアー「JATA(日本旅行業協会)選定・ヨーロッパの美しい村30選を訪ねる旅」を通じ、このパスを使った旅の楽しみ方や利点をご紹介しよう。

特集「鉄道最前線 2017」の他の記事を読む

旅の始まりはベネチア。ここから夜行列車でウィーンへ向かう。ユーレイルパスのうち、任意の日付を選択することができる「フレキシー」タイプのパスは、19時以降出発の場合は翌日の日付で利用できるため、夜行列車の利用に最適だ。

特別料金必要な列車もパスの利用者なら不要

翌朝は急な線路工事の影響で、2時間50分遅れでウィーンに到着。ここからオーストリアの特急列車レイルジェットに乗り、ハンガリーのショプロンを目指す。乗車券以外に特別料金が必要な列車だが、ユーレイルパスを持っていれば不要だ。

(写真左)レイルジェットへようこそ!(写真右上)オーストリア─ハンガリー国境付近の車窓風景(写真右下)ショプロンへ向かう私鉄GYSEV鉄道のディーゼルカー

ショプロンはオーストリアとの国境に位置する町。中心には火の見の塔と呼ばれる塔が建ち、最上部の展望台からは町を全方位見渡すことができる。旧市街はそれほど大きくないので、ブラブラ歩いても2~3時間で回れてしまう。この日はショプロンから約20km離れたエステルハージ宮殿まで足を延ばした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
鉄道最前線 2017
「女鉄道ひとり旅」のヤスコーンが描く
ヨーロッパの美しい村30選を訪ねて
オープンアクセスで大競争時代に
国とメーカーの連携不足が露呈
中国&ビッグスリー
地域復興の核となる公共交通機関
新分野に挑み続ける乗車券印刷の老舗
「冬」に入る日本の鉄道業界
「4時間の壁」は今も健在
JR化後の大手私鉄は「東高西低」
[特別寄稿]JR九州初代社長 石井幸孝
ローカル線が直面した国鉄改革
生誕30年でどう変わった?
TOP INTERVIEW JRシステム社長 藤井和彰
TOP INTERVIEW 鉄道総研理事長 熊谷則道
新幹線もリニアも──
TOP INTERVIEW JR貨物社長 田村修二
JR貨物の経営を下支えする
JR誕生直後の結束が生んだ「奇跡」
TOP INTERVIEW JR四国社長 半井真司
官民一体で攻める
TOP INTERVIEW JR北海道社長 島田修
維持か、廃止か
TOP INTERVIEW JR九州社長 青柳俊彦
「NR」や「6本線」の案もあった
TOP INTERVIEW JR西日本社長 来島達夫
カキの養殖からAI活用など
TOP INTERVIEW JR東海社長 柘植康英
訓練以上のことは実践できない
TOP INTERVIEW JR東日本社長 冨田哲郎
「お前は辞めるな」
JRの30年 ─JR各社トップが語る「過去・現在・未来」─
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内