有料会員限定

中国でライドシェアが大流行したのはなぜか ウーバーを屈服させた巨人・滴滴(ディディ)

印刷
A
A
中国においてタクシーは庶民の日常の足。利用する際、配車アプリはもはや欠かせない存在だ(AP/アフロ)

特集「IoT発進」の他の記事を読む

今年8月、中国の配車アプリ最大手・滴滴出行(ディディチューシン)(北京市、以下「滴滴」)による米Uber(ウーバー)テクノロジーズの中国事業買収は世界中に大きな衝撃を与えた。世界で圧倒的な競争力を持つウーバーが、ライドシェアの利用回数で世界3分の2を占める中国市場で滴滴に屈せざるをえなかったからだ。買収の理由は何なのか、滴滴とはどんな会社なのか。

滴滴の驚異的な成長の理由を知るには、今や世界的な影響力を持ち始めているテンセント・ホールディングス、アリババ・グループホールディングという中国ネット業界における2大巨頭の勢力争いと、中国経済におけるモバイル決済システムの重要性を理解しなければならない。

滴滴が首都・北京で創業したのは2012年(当時の社名は滴滴打車(ディディダーチャ))。当初は普通の配車アプリ会社だった。ほぼ同時期に南の浙江省杭州で快的打車(クァイディダーチャ)(以下「快的」)が誕生している。テンセントは早くから滴滴に出資し、一方のアリババは快的に出資した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
IoT発進
半導体製造やデータセンター関連が躍進!
大企業が放っておかないモノ作りベンチャー
ソラコム、IIJなど有力ベンチャー続々登場
先行する賢者たちのIoT戦略に密着してみた
チップの憧れは19歳の学生時代にさかのぼる
EUがIoTの覇者たちを軒並み攻撃する理由
半導体チップでIoT時代の影の支配者となる
ARM買ったソフトバンクにグーグルどう対抗
アップルウォッチは第2弾がまもなく発売だが
ファナックの稲葉善治会長兼CEOを直撃
工場はIoTでいったいどこまで賢くなるのか
ボタン1つで洗剤注文、声で呼びかけお買い物
データ活用がカギ、細分化される保険ビジネス
ウーバーを屈服させた巨人・滴滴(ディディ)
ディーラーとアップルや通信・電力会社が競合
IoT塗り変わる各業界の事業構造と序列関係
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
火星年代記、ターミネーター、マトリックス
孫氏が買った英ARM創業者ハウザー氏を直撃
医者の処方は不要、服が自分から指示を出す
夢のIoT、関連市場は世界で170兆円に
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内