有料会員限定

孫正義社長が英ARMにほれ込んだ3つの理由 チップの憧れは19歳の学生時代にさかのぼる

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小
「すべてはこの1個のチップから始まった」と半導体への熱い思いを語る(撮影:風間仁一郎)

特集「IoT発進」の他の記事を読む

日本の経済史上最大ともいわれる、ソフトバンクグループによる英ARMホールディングスの買収。孫正義社長はARMの経営陣に熱烈なラブコールを送り、2週間で実現にこぎ着けた。なぜそこまでほれたのだろうか。孫社長の発言をたどっていくと、大きく分けて理由は三つありそうだ。

40年前。孫社長はその後の人生を大きく変える強烈な体験をした。当時米カリフォルニア大学バークリー校在学中の19歳。車から降りて科学雑誌をめくっていたところ、ある写真と巡り合った。

何か未来都市の設計図のような、幾何学模様の不思議な写真だったわけです。次のページをめくったら、これが指先の上、人さし指の先に乗っかるほどの小さな破片の写真だった。その破片が実はコンピュータであることを知ったんです。

7月下旬に都内で開かれた法人向けのイベントで、孫社長はそう語っている(以下、太字はすべて同イベントでの発言)。

巡り合った写真に写っていたのは半導体チップだ。この場で詳細は語られなかったが、孫社長が目にしたのは『ポピュラー・エレクトロニクス』という雑誌に載っていた、米インテルの「i8080」という製品だったとみられる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
IoT発進
半導体製造やデータセンター関連が躍進!
大企業が放っておかないモノ作りベンチャー
ソラコム、IIJなど有力ベンチャー続々登場
先行する賢者たちのIoT戦略に密着してみた
チップの憧れは19歳の学生時代にさかのぼる
EUがIoTの覇者たちを軒並み攻撃する理由
半導体チップでIoT時代の影の支配者となる
ARM買ったソフトバンクにグーグルどう対抗
アップルウォッチは第2弾がまもなく発売だが
ファナックの稲葉善治会長兼CEOを直撃
工場はIoTでいったいどこまで賢くなるのか
ボタン1つで洗剤注文、声で呼びかけお買い物
データ活用がカギ、細分化される保険ビジネス
ウーバーを屈服させた巨人・滴滴(ディディ)
ディーラーとアップルや通信・電力会社が競合
IoT塗り変わる各業界の事業構造と序列関係
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
火星年代記、ターミネーター、マトリックス
孫氏が買った英ARM創業者ハウザー氏を直撃
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内