有料会員限定

SF映画・小説で克明に描かれる人類とIoT 火星年代記、ターミネーター、マトリックス

印刷
A
A

特集「IoT発進」の他の記事を読む

「シンギュラリティ」という言葉が徐々に広まりつつある。AIが人間の能力を超える現象を指す言葉だ。概念を広めた米国の発明家、レイ・カーツワイル氏は2045年の到来を予言する。

14年公開の映画『トランセンデンス』はこのテーマを真正面から扱った。反テクノロジーのテロリストの凶弾に倒れたAIの天才研究者ウィルが、命を落とす前に自らの意識をネット上にアップロードし、AIとしてよみがえる。人の意識とネットが直接つながる、IoTならぬIoH(Internet of Humans)とでも表現できる光景だ。

AIとなったウィルは軍事機密、金融や経済、さらに個人情報までを取り込み、脅威の進化を遂げる。ウィルが作った治療用の「ナノマシン」を投与された人間は、彼の意識とつながり、操られる。さらに人造人間をも作り始め、勢力を拡大する。だが妻が自分の体にウイルスを仕込んでナノマシンを破壊し、副作用で世界中のコンピュータが機能を停止。すべてのライフラインが止まり、文明が崩壊する……。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
IoT発進
半導体製造やデータセンター関連が躍進!
大企業が放っておかないモノ作りベンチャー
ソラコム、IIJなど有力ベンチャー続々登場
先行する賢者たちのIoT戦略に密着してみた
チップの憧れは19歳の学生時代にさかのぼる
EUがIoTの覇者たちを軒並み攻撃する理由
半導体チップでIoT時代の影の支配者となる
ARM買ったソフトバンクにグーグルどう対抗
アップルウォッチは第2弾がまもなく発売だが
ファナックの稲葉善治会長兼CEOを直撃
工場はIoTでいったいどこまで賢くなるのか
ボタン1つで洗剤注文、声で呼びかけお買い物
データ活用がカギ、細分化される保険ビジネス
ウーバーを屈服させた巨人・滴滴(ディディ)
ディーラーとアップルや通信・電力会社が競合
IoT塗り変わる各業界の事業構造と序列関係
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
火星年代記、ターミネーター、マトリックス
孫氏が買った英ARM創業者ハウザー氏を直撃
医者の処方は不要、服が自分から指示を出す
夢のIoT、関連市場は世界で170兆円に
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内