有料会員限定

ソフトバンクが日本史上最大の買収に走る理由 夢のIoT、関連市場は世界で170兆円に

印刷
A
A

歴史上最大のデジタル革命といわれるIoTは個人の生活や産業の構図を大きく変える。われわれはこの波とどう向き合うべきか。夢と脅威、金脈、人脈すべてに迫る。

高層ビルが立ち並ぶ中をエアカーが飛び交う。人間のよき理解者として、ロボットが人間と共存する──。1952年にマンガの連載が始まった『鉄腕アトム』では、そんな世界が描かれている。

あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT(アイオーティー)」は、アトムの世界を現実にしようとしている。

IoTはモノに内蔵されたセンサーを通じ、情報収集することから始まる。アトムやたとえば「ドラえもん」のようなロボットも、スマートフォンなどと並ぶモノの一つに当てはまる。集められた情報はクラウド(仮想サーバー)上にデータとして蓄積され、ビッグデータに変化。人工知能(AI)がそれを解析し、モノにフィードバックする。こうした流れを繰り返し、モノがどんどん賢くなっていく(スマート化)という概念がIoTだ。つまりIoTはビッグデータ、AIと「三位一体」の関係にある。

特集「IoT発進」の他の記事を読む

不発だったユビキタス IoTとの大きな違い

IoTの概念自体は新しいものではない。2004年に総務省が公表した「u-Japan政策」では、IoTの前身ともいえる「ユビキタスネットワーク社会」の構想がうたわれていた。ユビキタスはどこにでもある「遍在」という意味で、同政策は「10年にいつでも、どこでも、何でも、誰でもネットワークに簡単につながるユビキタスネット社会を実現する」としていた。帰宅するといつの間にか冷暖房が入っている。風呂も沸いている。そうしたユビキタスの未来図が政府を中心に盛んに宣伝された。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
IoT発進
半導体製造やデータセンター関連が躍進!
大企業が放っておかないモノ作りベンチャー
ソラコム、IIJなど有力ベンチャー続々登場
先行する賢者たちのIoT戦略に密着してみた
チップの憧れは19歳の学生時代にさかのぼる
EUがIoTの覇者たちを軒並み攻撃する理由
半導体チップでIoT時代の影の支配者となる
ARM買ったソフトバンクにグーグルどう対抗
アップルウォッチは第2弾がまもなく発売だが
ファナックの稲葉善治会長兼CEOを直撃
工場はIoTでいったいどこまで賢くなるのか
ボタン1つで洗剤注文、声で呼びかけお買い物
データ活用がカギ、細分化される保険ビジネス
ウーバーを屈服させた巨人・滴滴(ディディ)
ディーラーとアップルや通信・電力会社が競合
IoT塗り変わる各業界の事業構造と序列関係
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
火星年代記、ターミネーター、マトリックス
孫氏が買った英ARM創業者ハウザー氏を直撃
医者の処方は不要、服が自分から指示を出す
夢のIoT、関連市場は世界で170兆円に
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内