有料会員限定

ソフトバンクがほれこんだ英ARMの正体とは 半導体チップでIoT時代の影の支配者となる

印刷
A
A

「次のパラダイムシフトはIoT。そこには半導体チップがたくさん入っていく。ARMの成長余力を考えると安く買えた」

今年7月18日、ソフトバンクグループは英半導体大手のARMホールディングスを約3.3兆円で買収することを発表した。この日の朝、ロンドンで記者会見した孫正義社長は、いつになく興奮した様子だった。

孫氏はその足で近郊の町、ケンブリッジへと向かった。ここにARMの本社がある。寝耳に水の知らせに戸惑う社員を前に「今後5年間で英国での雇用を2倍に増やすことを、法的にコミットする」と語った。

(上)2017年完成予定のARM新本社のイメージ。(下)現在のARM社屋。英国ケンブリッジの緑豊かな環境に本社を構えている

特集「IoT発進」の他の記事を読む

事が動きだしたのは今年6月末。孫氏は米国シリコンバレーの別荘に、ARMのナンバー2、サイモン・シガースCEOを招いた。「互いのビジョンに通じるものがある」。そう感じた孫氏は、買収提案に向けARMのスチュアート・チェンバース会長に連絡。休暇中の同氏にトルコの港町へ寄ってもらい、7月4日、“プロポーズ”を果たした。そこから一連の手続きをわずか2週間で済ませ、18日の発表へとこぎ着けたのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
IoT発進
半導体製造やデータセンター関連が躍進!
大企業が放っておかないモノ作りベンチャー
ソラコム、IIJなど有力ベンチャー続々登場
先行する賢者たちのIoT戦略に密着してみた
チップの憧れは19歳の学生時代にさかのぼる
EUがIoTの覇者たちを軒並み攻撃する理由
半導体チップでIoT時代の影の支配者となる
ARM買ったソフトバンクにグーグルどう対抗
アップルウォッチは第2弾がまもなく発売だが
ファナックの稲葉善治会長兼CEOを直撃
工場はIoTでいったいどこまで賢くなるのか
ボタン1つで洗剤注文、声で呼びかけお買い物
データ活用がカギ、細分化される保険ビジネス
ウーバーを屈服させた巨人・滴滴(ディディ)
ディーラーとアップルや通信・電力会社が競合
IoT塗り変わる各業界の事業構造と序列関係
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
火星年代記、ターミネーター、マトリックス
孫氏が買った英ARM創業者ハウザー氏を直撃
医者の処方は不要、服が自分から指示を出す
夢のIoT、関連市場は世界で170兆円に
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内