有料会員限定

注目度上昇! IoT銘柄好業績ランキング 半導体製造やデータセンター関連が躍進!

印刷
A
A

IoTの波があらゆる業界に押し寄せている。うまく乗りこなせば、中長期的に業績を押し上げることになるかもしれない。

株式市場でも、関連銘柄に注目が集まっている。野村証券の小髙貴久ストラテジストは、「生産性を向上させるテクノロジー、半導体関連は成長を牽引する重要な投資テーマになっている」と指摘する。

一口にIoT関連銘柄といっても多岐にわたる。そのため今回は『会社四季報』において、IoT、半導体、センサー、ビッグデータなど、関連のキーワードが登録されている銘柄を抽出。前期営業増益、ROE8%以上といった条件の下、足元で業績好調な銘柄に限定し、東洋経済予想で今期の増益率が高い順にランキングした。ただし、前期、今期の増益要因がIoT化によるものとは限らないことに注意が必要だ。

(注)『会社四季報』の相場テーマで、IoT、ビッグデータ、データセンター、人工知能、自動運転、ICタグ・カード、半導体、半導体製造、半導体商社、スマートメーター、スマートグリッド、M2M、ネットワーク機器、センサー、ウエアラブルが含まれる銘柄を今期予想営業増益率が高い順にランキング(東洋経済予想)。前期実績と今期予想が共に増益、時価総額200億円以上、ROE8%以上の銘柄に限定。株価に過熱感があるPER100倍以上の銘柄は除く。一部社名は略称。株価、東洋経済予想は8月30日時点

特集「IoT発進」の他の記事を読む

新会社や提携で新たなサービスが続々

増益率トップとなった平田機工の今期大幅増益を牽引するのは、米アップルのiPhoneへの採用観測もある有機ELディスプレー製造用の真空チャンバーだ。韓国の電機メーカーを中心に設備投資が急増している。これに加えて、IoT関連製品の需要増で半導体のシリコンウエハ搬送ロボットにも追い風が吹く。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
IoT発進
半導体製造やデータセンター関連が躍進!
大企業が放っておかないモノ作りベンチャー
ソラコム、IIJなど有力ベンチャー続々登場
先行する賢者たちのIoT戦略に密着してみた
チップの憧れは19歳の学生時代にさかのぼる
EUがIoTの覇者たちを軒並み攻撃する理由
半導体チップでIoT時代の影の支配者となる
ARM買ったソフトバンクにグーグルどう対抗
アップルウォッチは第2弾がまもなく発売だが
ファナックの稲葉善治会長兼CEOを直撃
工場はIoTでいったいどこまで賢くなるのか
ボタン1つで洗剤注文、声で呼びかけお買い物
データ活用がカギ、細分化される保険ビジネス
ウーバーを屈服させた巨人・滴滴(ディディ)
ディーラーとアップルや通信・電力会社が競合
IoT塗り変わる各業界の事業構造と序列関係
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
火星年代記、ターミネーター、マトリックス
孫氏が買った英ARM創業者ハウザー氏を直撃
医者の処方は不要、服が自分から指示を出す
夢のIoT、関連市場は世界で170兆円に
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内