有料会員限定

アマゾンが徐々に侵食する家電メーカーの牙城 ボタン1つで洗剤注文、声で呼びかけお買い物

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 最新
拡大
縮小

グーグル、アップル、アマゾン。米国が生んだITの巨人たちが今最も熱い視線を注ぐのが「家のIoT」だ。スマートホームとも呼ばれるこの分野では、アマゾンが頭一つ抜けている。

今米国で飛ぶように売れているスピーカー、それが「アマゾン・エコー」だ。2014年11月の発売から2年弱で、累計販売台数はすでに推計300万台超。日本での発売は今のところ未定だ。

特集「IoT発進」の他の記事を読む

エコーはただのスピーカーではない。基本的に人の声で操作する。iPhoneの音声認識アシスタント「Siri」がスピーカーになったと思えばわかりやすい。Wi︱Fiやブルートゥースでインターネットに接続し、アマゾンが独自開発したAI「アレクサ」が声を認識して動作する。

「アレクサ、お気に入りのプレイリストを再生して」と言えば音楽を流し、「今日の天気は?」と聞けば気象情報を示す。マイクの性能は非常に高く、隣の部屋の声も認識できる。利用者が増えれば増えるほど、アレクサの認識精度は高まる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
IoT発進
半導体製造やデータセンター関連が躍進!
大企業が放っておかないモノ作りベンチャー
ソラコム、IIJなど有力ベンチャー続々登場
先行する賢者たちのIoT戦略に密着してみた
チップの憧れは19歳の学生時代にさかのぼる
EUがIoTの覇者たちを軒並み攻撃する理由
半導体チップでIoT時代の影の支配者となる
ARM買ったソフトバンクにグーグルどう対抗
アップルウォッチは第2弾がまもなく発売だが
ファナックの稲葉善治会長兼CEOを直撃
工場はIoTでいったいどこまで賢くなるのか
ボタン1つで洗剤注文、声で呼びかけお買い物
データ活用がカギ、細分化される保険ビジネス
ウーバーを屈服させた巨人・滴滴(ディディ)
ディーラーとアップルや通信・電力会社が競合
IoT塗り変わる各業界の事業構造と序列関係
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
火星年代記、ターミネーター、マトリックス
孫氏が買った英ARM創業者ハウザー氏を直撃
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内