有料会員限定

IoTはなぜ「最大のデジタル革命」なのか 孫氏が買った英ARM創業者ハウザー氏を直撃

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22
拡大
縮小

[INTERVIEW]ARM創業者ヘルマン・ハウザー

IoTの未来は、たぶんこの人がいちばん知っている。ソフトバンクグループが3.3兆円払って手に入れた英ARM(アーム)ホールディングス。その創業者で、現在はベンチャーキャピタル(VC)を率いるヘルマン・ハウザー氏を直撃した。

ARM創業者 Hermann Hauser へルマン・ハウザー●1948年オーストリア生まれ。英ケンブリッジ大学博士号取得。78年、ARMの前身であるエイコーン・コンピュータを創業。97年、アマデウス・キャピタル・パートナーズを設立。

特集「IoT発進」の他の記事を読む

──ソフトバンクがARM買収を発表した直後、「英国の技術にとって悲しい日だ」とコメントした。

英国のハイテク産業にとって、ARMはまさにシンボルだった。英国が誇る企業はどこかと聞かれれば、皆「スマートフォンのチップの95%以上を握り、IoT時代に選ばれるプロセッサーを作る会社だ」とARMの名を挙げる。こうした企業が独立経営でなくなったことは悲しい。

ARM創業時の納屋。IoT時代の盟主はここで第一歩を踏み出した

ただ、私はマサ(孫正義社長)を信頼しているし、ソフトバンクはいいオーナーだ。彼は非常に思慮深く、誠実だ。IoTにおける巨大企業を作り上げようとしているのは正しい戦略だと思う。そしてARMは重要な基礎となる。

マサがソフトバンクのトップにいるかぎり、ARMの繁栄は続く。今後数年は急速な成長を続けるだろう。ただ一つ心配なのは、再び彼が引退の意向を表明しないかどうか。長期的に見ると、彼の引退はARMの重大リスクだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
IoT発進
半導体製造やデータセンター関連が躍進!
大企業が放っておかないモノ作りベンチャー
ソラコム、IIJなど有力ベンチャー続々登場
先行する賢者たちのIoT戦略に密着してみた
チップの憧れは19歳の学生時代にさかのぼる
EUがIoTの覇者たちを軒並み攻撃する理由
半導体チップでIoT時代の影の支配者となる
ARM買ったソフトバンクにグーグルどう対抗
アップルウォッチは第2弾がまもなく発売だが
ファナックの稲葉善治会長兼CEOを直撃
工場はIoTでいったいどこまで賢くなるのか
ボタン1つで洗剤注文、声で呼びかけお買い物
データ活用がカギ、細分化される保険ビジネス
ウーバーを屈服させた巨人・滴滴(ディディ)
ディーラーとアップルや通信・電力会社が競合
IoT塗り変わる各業界の事業構造と序列関係
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
【インタビュー】現実はSFを超えるのか?
火星年代記、ターミネーター、マトリックス
孫氏が買った英ARM創業者ハウザー氏を直撃
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内