ボーイングが最新型機B787の納入を7度遅延、下請けニッポンの苦渋

ボーイングが最新型機B787の納入を7度遅延、下請けニッポンの苦渋

日本メーカーが機体の35%を担うなど“日の丸”技術が多く取り入れられた米ボーイングの最新中型旅客機「B787」。完成前に受注が800機を超える史上空前のヒットとなっているが、いまだ羽ばたけないでいる。

1号機の納入は全日本空輸向けに2008年5月を当初予定していたが、納入遅延が頻発。10年11月にはテスト飛行中に発火事故を起こし、11年2月頃を見込んでいた納入スケジュールも再び見直されることになった。これで実に七度目の失態だ。

一連の遅延を嫌気した航空会社からのキャンセルは過去1年で40機近くに達したもよう。だが、55機を発注している全日空は、「787が戦略機であるとの位置づけは不変。安全で快適な機体に早く仕上がり、納入されることを望む」(伊東信一郎社長)と静観の構えは変わらない。

一方、損害賠償請求に限らない、値下げや他の形での補償について、「話し合いは当然、これからすることになる」(伊東社長)と言及。787のローンチカスタマー(最初の発注会社)という立場もあり、今後何らかの補償を引き出せそうだ。

積み上がる在庫

顧客である航空会社が強気に出られる一方、立場が苦しいのは、部品を納入する下請けの日本メーカーだ。

「新潟の生産子会社には787向けの製品在庫がどんどん積み上がっている」--。ギャレー(厨房)とラバトリー(化粧室)の独占供給契約を結んでいるジャムコの寺田修社長は肩を落とす。生産数量は約30機分まで積み上がったが、出荷が進まず、今後は保管場所が足りなくなるおそれも出ている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。