ボーイングが最新型機B787の納入を7度遅延、下請けニッポンの苦渋

ボーイングが最新型機B787の納入を7度遅延、下請けニッポンの苦渋

日本メーカーが機体の35%を担うなど“日の丸”技術が多く取り入れられた米ボーイングの最新中型旅客機「B787」。完成前に受注が800機を超える史上空前のヒットとなっているが、いまだ羽ばたけないでいる。

1号機の納入は全日本空輸向けに2008年5月を当初予定していたが、納入遅延が頻発。10年11月にはテスト飛行中に発火事故を起こし、11年2月頃を見込んでいた納入スケジュールも再び見直されることになった。これで実に七度目の失態だ。

一連の遅延を嫌気した航空会社からのキャンセルは過去1年で40機近くに達したもよう。だが、55機を発注している全日空は、「787が戦略機であるとの位置づけは不変。安全で快適な機体に早く仕上がり、納入されることを望む」(伊東信一郎社長)と静観の構えは変わらない。

一方、損害賠償請求に限らない、値下げや他の形での補償について、「話し合いは当然、これからすることになる」(伊東社長)と言及。787のローンチカスタマー(最初の発注会社)という立場もあり、今後何らかの補償を引き出せそうだ。

積み上がる在庫

顧客である航空会社が強気に出られる一方、立場が苦しいのは、部品を納入する下請けの日本メーカーだ。

「新潟の生産子会社には787向けの製品在庫がどんどん積み上がっている」--。ギャレー(厨房)とラバトリー(化粧室)の独占供給契約を結んでいるジャムコの寺田修社長は肩を落とす。生産数量は約30機分まで積み上がったが、出荷が進まず、今後は保管場所が足りなくなるおそれも出ている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT