有料会員限定

全株売却しなければ上場後の成長は難しい ゆうちょ・かんぽを語る

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小

高橋洋一 嘉悦大学大学院教授

小泉政権時代に竹中平蔵氏の指示の下、郵政民営化の具体的な仕組みを起案した高橋洋一・嘉悦大学大学院教授に聞いた。

たかはし・よういち●東京大学理学部数学科、経済学部卒業。1980年大蔵省入省、2008年内閣参事官を退官し現職。道路公団の民営化、政策金融機関の改革、郵政民営化に携わる。(撮影:尾形文繁)

特集「日本郵政株」の他の記事を読む

──ゆうちょ銀行やかんぽ生命保険が上場します。

うまくいかないでしょう。全然魅力がないから。どこに魅力があるのか、聞きたいぐらい(笑)。というのは、手足を全部縛られているからだ。ゆうちょとかんぽは完全なる民営化になっていない。

──「業績が安定し高配当だったかつての電力株のようなイメージで長期保有してほしい」と言うアナリストもいます。

電力会社とか公益事業をやっているところのように、公的な色彩が入っても問題のない業種というのは、確かにある。しかし金融業務というのは少しでも公的な色彩が入ったらダメです。国のカネが入っているのは、破綻した銀行とか、国有化銀行。それらのどこに魅力があるのですか?  

金融業務はリスクを取らなければいけない。ということは、実は民間でしかやりようがない。公的な色彩がある金融機関というのは、破綻した国有化銀行か、細々とやる政策金融しかない。そうした金融にはどこにも魅力はない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
日本郵政株
金融マンが斬る!
[オランダ]PostNL 1994年上場
[ドイツ]ドイツ・ポスト 2000年上場
一度ははまった切手収集
[リスク4]ユニバーサルサービス
[リスク3]日本郵便への「ミルク補給」
[リスク2]ガバナンス
[リスク1]大量の「非正規雇用」の存在
ゆうちょ・かんぽを語る
ゆうちょ株 [ゆうちょ銀行]
[財務分析]海外に活路開けなければ
[ラインナップ] 他社と比べると・・・
[実態調査]店頭に出向いてみると・・・
かんぽ生命
慶応義塾大学総合政策学部教授 竹中平蔵
[物流事業]豪トール社買収し
[郵便事業]グループの足引っ張る
[提携戦略]日本郵便は多くの企業と組む
かんぽの宿は赤字続く
[逓信病院]減らぬ病院部門の赤字
郵政3株 魅力はどこに?
NTT上場時のような
[検証]あの政府放出株
銘柄比較
どこよりも早い『勝手四季報』
アナリスト、ストラテジストに聞く
買いますか 買いませんか 日本郵政株
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内