有料会員限定

匿名誌上座談会 金融マンが斬る!

印刷
A
A

NTT(日本電信電話)以来といわれる日本郵政グループ3社の上場まであと2カ月。大型上場ゆえの悩みもある。ベテラン金融マン4人に上場にまつわるあれこれを語ってもらった(個別インタビューを8月中旬に実施し、編集部で誌上座談会の形にまとめた)。

4人のベテラン金融マンが日本郵政株の可能性を探る

特集「日本郵政株」の他の記事を読む

「割安に買える絶好のチャンス」

──今のところ、11月上場の予定のようです。

Aさん 日本銀行が毎年買うETF(上場投資信託)は3兆円だが、売り出し規模は1兆~2兆円とされる。需給は確実に悪化するよ。ただ、郵政上場自体に日経平均を5~10%下げるようなインパクトがあるわけではない。秋の株価を左右する要因は米国の利上げ後の為替などのほうがずっと大きい。

Bさん 規模が大きすぎるし、成長性もない。特に株をやっている人は、そんな印象だろう。でも、私はいまだかつてない、すばらしいIPO(新規株式公開)だと思っている。いろんな日本一を寄せ合わせたような会社が、PBR(株価純資産倍率)0.5倍などといわれる割安な株価水準で買える。これ以上のチャンスはない。個人が初めて株を買うには、よいエントリーになるんじゃないか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
日本郵政株
金融マンが斬る!
[オランダ]PostNL 1994年上場
[ドイツ]ドイツ・ポスト 2000年上場
一度ははまった切手収集
[リスク4]ユニバーサルサービス
[リスク3]日本郵便への「ミルク補給」
[リスク2]ガバナンス
[リスク1]大量の「非正規雇用」の存在
ゆうちょ・かんぽを語る
ゆうちょ株 [ゆうちょ銀行]
[財務分析]海外に活路開けなければ
[ラインナップ] 他社と比べると・・・
[実態調査]店頭に出向いてみると・・・
かんぽ生命
慶応義塾大学総合政策学部教授 竹中平蔵
[物流事業]豪トール社買収し
[郵便事業]グループの足引っ張る
[提携戦略]日本郵便は多くの企業と組む
かんぽの宿は赤字続く
[逓信病院]減らぬ病院部門の赤字
郵政3株 魅力はどこに?
NTT上場時のような
[検証]あの政府放出株
銘柄比較
どこよりも早い『勝手四季報』
アナリスト、ストラテジストに聞く
買いますか 買いませんか 日本郵政株
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内