有料会員限定

かんぽ生命は他社への売却も選択肢 [財務分析]海外に活路開けなければ

印刷
A
A

日本でいちばん大きな生命保険会社はどこか、と聞いたらどの企業かわかるだろうか。名前が挙がるのは日本生命保険や第一生命保険かもしれない。が、資産規模、保険料収入で日本生命、第一生命を上回っているのは、実はかんぽ生命保険である。かんぽ生命の総資産は85兆円で、日本生命(62兆円)、第一生命(50兆円)をしのぐ。保険料収入でもかんぽ生命は5.9兆円と、第一生命(5.4兆円)、日本生命(5.3兆円)を上回る。

郵政民営化以前に行われていた簡易生命保険事業は、加入限度額は基本的に1000万円と高額保障ではないものの、職業による加入制限がなく、無審査で入れ、政府による支払保証があったこともあり幅広く日本国民に受け入れられてきた。

かんぽ生命の前身・簡保は1916年に創設。以来、郵便局員が保険を販売してきた(朝日新聞社/アフロ)

特集「日本郵政株」の他の記事を読む

現在のかんぽ生命は、2007年に日本郵政公社の民営・分社化により誕生した。基本的な保険商品のラインナップや特性の多くは簡保時代のものを引き継いでおり、保険金額や年金額に限度が定められている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
日本郵政株
金融マンが斬る!
[オランダ]PostNL 1994年上場
[ドイツ]ドイツ・ポスト 2000年上場
一度ははまった切手収集
[リスク4]ユニバーサルサービス
[リスク3]日本郵便への「ミルク補給」
[リスク2]ガバナンス
[リスク1]大量の「非正規雇用」の存在
ゆうちょ・かんぽを語る
ゆうちょ株 [ゆうちょ銀行]
[財務分析]海外に活路開けなければ
[ラインナップ] 他社と比べると・・・
[実態調査]店頭に出向いてみると・・・
かんぽ生命
慶応義塾大学総合政策学部教授 竹中平蔵
[物流事業]豪トール社買収し
[郵便事業]グループの足引っ張る
[提携戦略]日本郵便は多くの企業と組む
かんぽの宿は赤字続く
[逓信病院]減らぬ病院部門の赤字
郵政3株 魅力はどこに?
NTT上場時のような
[検証]あの政府放出株
銘柄比較
どこよりも早い『勝手四季報』
アナリスト、ストラテジストに聞く
買いますか 買いませんか 日本郵政株
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内