有料会員限定

ANA 日本一では足りない 世界への果てなき渇き 総点検! 日系エアラインが生き残る道

印刷
A
A

輸送規模で日本航空(JAL)をしのぎ今や日本一の全日本空輸(ANA。→関連記事図へ)。そのANAが今年1月に発表した壮大な長期戦略構想は、社内外で大きな反響を呼んだ。

この長期戦略を提案したのは、今年4月にANAホールディングスの社長に就任した片野坂真哉氏。入社したての1979年当時、社内報に「将来のANAはいつか宇宙を飛んでいたい」と書いたほどの野心家だ。当時まだ国際線にさえ進出していなかったにもかかわらず、である。

今回の長期戦略でも、社内向けに配られた冊子の裏表紙に「次は宇宙へ」と記した。「本当に宇宙が事業計画に入っているわけではない」。片野坂社長はそう笑いつつも、「10年後をビッグにイマジンしてみようと思った」と真顔で話す。

この長期戦略、どれほど「ビッグ」なのか。中身を見てみよう。

照準は今から10年後の2025年度。目標とする営業収益は2兆5000億円(14年度は1兆7134億円)。再編が進んだ現在の欧州フルサービスキャリアー(FSC)に匹敵する規模だ。営業利益は2000億円(同915億円)まで伸ばす。カギとなるのは国際線の成長だ。現在、航空事業の内訳は売上高で国際線が4割だが、25年度には6割弱にまで拡大させ、国内線と国際線の比率が初めて逆転する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強のエアライン
[秘密7 客室乗務員]
[秘密6 ファーストクラス]
[秘密5 ビジネスクラス]
[秘密4 マイレージ]
[秘密3 燃油サーチャージ]
[秘密2 安産確保とパイロット不足]
[エアライン7つの秘密1 機内食産業]
[小松空港][富山空港]
[那覇空港]
[新千歳空港]雪が見たい!
地方空港で広がる
関西国際空港アクセス&interview
[関西国際空港] コンセッション2.2兆円
[成田空港] 成田初の格安航空会社専用
成田空港アクセス
[成田空港]空の玄関口の機能は健在
羽田空港アクセス
国際線拡張から1年 成田から羽田へ
スカイマークは挫折したが
ビジネスパーソン1833人に聞きました
好調支える独自の構造
総点検! 日系エアラインが生き残る道
総点検! 日系エアラインが生き残る道
アジアは残り1枠
日本は世界に勝てるのか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内