有料会員限定

日本勢の高コストはどこから来るか 好調支える独自の構造

印刷
A
A
ともに高コスト体質のJALとANA(撮影:尾形文繁)

特集「最強のエアライン」の他の記事を読む

フルサービスキャリアー(FSC)。昔からある、ゆったりした座席を用意し、豪華な機内食や飲み物を提供する航空会社のことである。路線網を張り巡らせていることからネットワークキャリアーとも呼ばれている。

燃油安で足元の業績は好調だが、2000年代以降、欧州やアジア太平洋地域のFSCは全般的に業績が振るわない。この苦境には共通した原因を二つ挙げることができる。一つは度重なる航空燃料の高騰であり、もう一つがLCC(格安航空会社)との競争である。

00年以降徐々に高騰を始めた原油価格(WTI)は、1バレル=20ドルからピークで100ドルを超える水準に達した。燃料コストは航空会社の総コストの30~40%に上昇した。

さらに旅客数全体の95%を占め、大手にとっても収益源であったエコノミー旅客市場にLCCが先鋭的な価格競争を持ち込み、世界各地で新たな低運賃競争が始まった。

しかし、こういった悪環境の中でも好業績を示した3集団がある。1番目が中東に近年現れた航空会社、2番目が米国の大手航空会社、3番目が日本の大手航空2社だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強のエアライン
[秘密7 客室乗務員]
[秘密6 ファーストクラス]
[秘密5 ビジネスクラス]
[秘密4 マイレージ]
[秘密3 燃油サーチャージ]
[秘密2 安産確保とパイロット不足]
[エアライン7つの秘密1 機内食産業]
[小松空港][富山空港]
[那覇空港]
[新千歳空港]雪が見たい!
地方空港で広がる
関西国際空港アクセス&interview
[関西国際空港] コンセッション2.2兆円
[成田空港] 成田初の格安航空会社専用
成田空港アクセス
[成田空港]空の玄関口の機能は健在
羽田空港アクセス
国際線拡張から1年 成田から羽田へ
スカイマークは挫折したが
ビジネスパーソン1833人に聞きました
好調支える独自の構造
総点検! 日系エアラインが生き残る道
総点検! 日系エアラインが生き残る道
アジアは残り1枠
日本は世界に勝てるのか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内