有料会員限定

外国人旅行客に沸き入札進展か [関西国際空港] コンセッション2.2兆円

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小
中国人や台湾人を中心にロビーは外国人客でにぎわう

特集「最強のエアライン」の他の記事を読む

「閑古鳥が鳴いている」と揶揄され続けてきた関西国際空港の様相が一変している。円安やビザ緩和などを背景にアジアからの外国人客が急増。空港内のロビーや商業施設は連日にぎわっている。

4月中旬の午後1時すぎ。シンガポールのLCC(格安航空会社)であるジェットスター・アジア航空のカウンター前には、通路にはみ出すほどの長蛇の列ができていた(写真下)。お土産が詰まっていると思われる大きな旅行ケースを携えている人が目につく。日本での観光を終えてこれから帰国するのだ。全日本空輸(ANA)が出資するLCC、ピーチ・アビエーションのカウンターや手荷物検査場も、ピーク時にはまるで通勤ラッシュのようになる。

航空会社のカウンター前は行列になることも
ピーチ・アビエーションの国内線搭乗口。多くの外国人が乗り継ぎに利用する

外国人は空港内の商業施設にも押し寄せる。大阪名物として人気の中華まんじゅうを販売する店舗では「30分以上待ちの行列になることもしばしば」と女性店員が明かす。関空を運営する新関西国際空港会社(新関空会社)は、関空の2014年度の国際線旅客数が前年度比12%増の1352万人と、1994年の開港以来、過去最高だったと発表した。特に、国際線を利用した外国人は同41%増の699万人と急伸。3年前と比べると、実に2.5倍もの伸びを見せた(図表1)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強のエアライン
[秘密7 客室乗務員]
[秘密6 ファーストクラス]
[秘密5 ビジネスクラス]
[秘密4 マイレージ]
[秘密3 燃油サーチャージ]
[秘密2 安産確保とパイロット不足]
[エアライン7つの秘密1 機内食産業]
[小松空港][富山空港]
[那覇空港]
[新千歳空港]雪が見たい!
地方空港で広がる
関西国際空港アクセス&interview
[関西国際空港] コンセッション2.2兆円
[成田空港] 成田初の格安航空会社専用
成田空港アクセス
[成田空港]空の玄関口の機能は健在
羽田空港アクセス
国際線拡張から1年 成田から羽田へ
スカイマークは挫折したが
ビジネスパーソン1833人に聞きました
好調支える独自の構造
総点検! 日系エアラインが生き残る道
総点検! 日系エアラインが生き残る道
アジアは残り1枠
日本は世界に勝てるのか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内